メインメニューを開く
新村 信

新村 信(しんむら のぶ、嘉永5年(1852年)? - 明治38年(1905年2月8日)は、15代将軍・徳川慶喜側室言語学者新村出は義弟(ともに養子)である。

生涯編集

嘉永5年(1852年)頃、旗本・松井勘十郎、もしくは松平政隆の娘として生まれたとされる。その後、旗本・荒井省吾の養女となった後、さらに小姓頭取・新村猛雄の養女となった。

慶喜との間には明治6年(1873年)に長女・鏡子徳川達孝夫人)、明治8年(1875年)に三女・鉄子(徳川達道夫人)、明治10年(1877年)に五男・仲博、明治15年(1882年)に九女・経子伏見宮博恭王妃)、明治17年(1884年)に七男・慶久、明治20年(1887年)に十一女・英子(徳川圀順夫人)、明治21年(1888年)に十男・をそれぞれもうけた。

明治維新後も慶喜の側室として仕えたのは、信と中根幸のみである。明治38年(1905年2月8日、死去。墓所は東京都台東区にある谷中霊園。慶喜の墓の後ろに中根幸の墓と並び、新村信の墓と書かれた墓標が建つ。

参考文献編集