メインメニューを開く

新潟アルビレックスランニングクラブ

新潟アルビレックスRC(にいがたアルビレックスランニングクラブ、英:Niigata Albirx Running Club)は、新潟県新潟市において、2005年に発足した陸上競技のクラブチームである。同時に日本で初めて陸上競技クラブの運営会社として「株式会社新潟アルビレックスランニングクラブ」も設立された。企業スポーツが主流の日本陸上界では珍しい地域密着型の運営方式を用いて地元の複数企業や個人から支援を受けている。北陸実業団陸上競技連盟に加盟。

新潟アルビレックスランニングクラブ
正式名称 新潟アルビレックスランニングクラブ
愛称 新潟アルビレックスRC
競技種目 陸上競技
創設 2005年
本拠地 新潟県
ウェブサイト 公式サイト

他競技クラブではアルビレックス新潟新潟アルビレックスBB新潟アルビレックスBBラビッツ新潟アルビレックスBCチームアルビレックス新潟アルビレックスチアリーダーズアルビレックスRTがある。

概要編集

クラブチームではジュニアから大人、トップ選手まで約800名のクラブ員が存在し、トップアスリートの育成、ジュニアスポーツの普及、地域の健康づくりなど地域の元気と健康に寄与するべくそれぞれのカテゴリーに合った活動に参加したり一緒に活動を行う。またクラブの支援を目的とするクラブ員と企業も存在する。

クラブのシンボルアスリートにはアジア大会400mHで2大会連続でメダルを獲得し、北京オリンピック女子400mHで準決勝進出を果たした久保倉里美2010年の千葉国体男子走幅跳で準優勝の新村守、男子短距離の長谷川充、矢野秀樹など国内トップレベルの選手が在籍、全日本実業団女子駅伝に出場した女子駅伝チームもクラブに所属する。これらの選手は同時に運営会社の実業団選手として活動を行っている。2016年には全日本実業団対抗陸上競技選手権大会で団体総合優勝を果たした。

また、県内の小学生、中学生、一般競技者もクラブチーム登録で競技会に参加している。

2018年4月現在、新潟市・村上市・県央・県北の4地区で6校(新潟市では新潟校、新潟南校、新潟中央校3校開催)の小・中学生対象ジュニア陸上スクールを開校[1]。毎年、全国大会に出場者を輩出している。

一般向けにはランニングクリニック、ウォーキングクリニック、健康づくり教室なども開催。

所属選手編集

男子編集

氏名 生年月日 (年齢) 種目 自己ベスト 出身地 備考
松澤ジアン成治 (1992-01-06) 1992年1月6日(27歳) 棒高跳 5m60 長野県出身 新潟県記録保持者
松原瑞貴 (1992-09-09) 1992年9月9日(27歳) 走幅跳 7m80(+0.3) 愛知県出身
須貝充 (1994-01-07) 1994年1月7日(25歳) 400mH 50秒00 神奈川県出身 新潟県記録保持者
有松今日 (1992-04-26) 1992年4月26日(27歳) 三段跳 16m22 和歌山県出身
川端公人 (1992-12-26) 1992年12月26日(26歳) 短距離 100m / 10秒41 静岡県出身

女子編集

氏名 生年月日 (年齢) 種目 自己ベスト 出身地 備考
敷本愛 (1983-08-21) 1983年8月21日(36歳) 円盤投 53m48 広島県出身 新潟県記録保持者(50m98)
青島綾子 (1990-09-28) 1990年9月28日(28歳) 棒高跳 4m10 静岡県出身 新潟県記録保持者
右代織江 (1990-08-24) 1990年8月24日(29歳) やり投 56m57 北海道出身 新潟県記録保持者
沖田真理子 (1992-09-10) 1992年9月10日(27歳) 中距離 800m / 2分06秒71 北海道出身
前山美優 (1996-02-21) 1996年2月21日(23歳) 短距離 100m/11秒51(+2.0)
200m/23秒80(-0.2)
新潟県出身 新潟県記録保持者
新潟県記録保持者
久保倉里美 (1982-04-27) 1982年4月27日(37歳) 400mH 55秒34 北海道出身 日本記録保持者
※2017年4月ヘッドコーチ就任

過去の主な選手編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 各校活動紹介 2017年8月7日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集