メインメニューを開く
新竹州 > 新竹州庁

新竹州庁(しんちくしゅうちょう、繁体字: 新竹州廳)は台湾新竹市北区にある国定古蹟の一つで、かつて新竹州庁舎として使われた現新竹市政府庁舎の建築物。

新竹州庁
現地名
繁体字: 新竹州廳
新竹州廳(新竹市政府).JPG
新竹州庁外観
所在地  台湾新竹市北区大同里中正路120号
座標 北緯24度48分24秒 東経120度58分08秒 / 北緯24.80667度 東経120.96889度 / 24.80667; 120.96889座標: 北緯24度48分24秒 東経120度58分08秒 / 北緯24.80667度 東経120.96889度 / 24.80667; 120.96889
建設 1926年
建築様式 和洋折衷
管理者 新竹市政府
新竹州庁の位置(台湾内)
新竹州庁
台湾における新竹州庁の位置
新竹州庁
中華民国(台湾)文化資産
1936臺灣原住民泰雅族領袖樂信.瓦旦(林瑞昌)與部落頭目等於新竹州廳前 Loshin Wadan (Atayal) with Indigenous Taiwanese Leaders in front of Shinchiku Prefecture building.JPG
新竹州庁にて台湾原住民タイヤル族の領袖林瑞昌と部族頭目ら(1936年)
登録名称 新竹州廳
その他の呼称 新竹市政府
種類 衙署(官公署
等級 国定古蹟
文化資産登録
公告時期
1998年6月22日
位置 台湾新竹市北区中正路120号
建設年代 大日本帝国の旗大正15年(1926年
新竹州庁正面全景

目次

概要編集

大正9年(1920年)、新竹庁中国語版が廃止され新竹州(現在の桃園市新竹県苗栗県に跨るエリア)が発足し、その後急速な発展を遂げたため清朝時代のものを使っていた庁舎が手狭となり大正14年(1925年)に着工された。

2階建ての強化レンガ(赤レンガ)による西洋建築で、土台と横梁にはコンクリートが使われている。屋根部分は木造躯体に黒瓦を葺いた和洋折衷型に仕上がった。翌大正15年(1926年12月4日に主要工程が完成し、州庁舎としての利用が始まる。[1]。翌昭和2年(1927年11月27日に落成式典が開催された[2]。昭和7年(1932年)には、入口部分が拡張された。第二次世界大戦中の1944年10月に空襲を受けて一部が損壊したが、すぐに修復されている。

1945年12月30日国民政府中華民国)統治下で新竹州は台湾省新竹県となり、旧州庁を県政府庁舎として接収。1946年1月28日、、州轄の新竹市は省轄市となり、県政府は桃園に、省轄市の新竹市政府が旧州庁を庁舎とする。1950年10月25日、新竹市が県轄市になり、再度県政府庁舎として使われる。1982年7月1日、新竹市が省轄市に再昇格。

1989年7月、新竹県政府が竹北市に移転、旧州庁は新竹市政府庁舎として使われることになり現在に至る。1998年6月22日、国定古蹟指定公告。2000年より史跡保護事業が開始され、2005年に完了。修復を終えた現在では保存状態が良好な官公庁建築である。また台湾で重要かつ希少な古蹟の一つ。

周辺編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ (繁体字中国語)國定古蹟環景導覽 新竹州廳 文化部文化資産局
  2. ^ (繁体字中国語)蘇博榮 (2009年9月9日). “新竹州廳”. 文化部臺灣知識的骨幹. 2017年10月14日閲覧。
  3. ^ (繁体字中国語)台灣最美麗的地方政府建築--國定古蹟原新竹州廳2015-02-19,林奎佑中国語版
  4. ^ (繁体字中国語)總統參加竹塹建城一七二嘉年華遊行活動2001-10-06,中華民国総統府

外部リンク編集