新米雑役夫

1914年公開のアメリカ合衆国の短編サイレント映画

新米雑役夫』(The New Janitor) は、1914年公開の短編サイレント映画キーストン社による製作で、主演・監督はチャールズ・チャップリン。1971年に映画研究家ウノ・アスプランドが制定したチャップリンのフィルモグラフィーの整理システムに基づけば、チャップリンの映画出演27作目にあたる[1][注釈 1]。別邦題は『新米用務員』。

新米雑役夫
The New Janitor
The New Janitor-Chaplin.jpg
監督 チャールズ・チャップリン
脚本 チャールズ・チャップリン
製作 マック・セネット
出演者 チャールズ・チャップリン
ジェス・ダンディ
ジャック・ディロン
ミンタ・ダーフィ
アル・セント・ジョン
撮影 フランク・D・ウィリアムズ
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 1914年9月24日
上映時間 16分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

あらすじ編集

チャーリーは、とある会社の新入り用務員。ある時、チャーリーは支配人(ジャック・ディロン)がギャンブルで使い込んだ分の補てんをするため、オフィスの金庫にある金を引き出そうとチャーリーを抱き込みにかかる。チャーリーは窓の外にいた社長(ジェス・ダンディ)に対してバケツの水をぶっかけ、その隙に秘書(ミンタ・ダーフィ)が金庫から金を引き出す。チャーリーは支配人に拳銃を突きつけたかどで逮捕されるが、社長が支配人の悪巧みに気が付いてチャーリーは逆に賞賛される[2][3]

評価編集

前作『両夫婦』からわずか17日後に公開された作品であるが、チャップリンの伝記を著した映画史家のデイヴィッド・ロビンソン英語版は、チャップリンがこの17日の間に何らかの、しかし飛躍的な進歩を遂げているとする。大筋では喜劇であるものの、その中にはドラマありサスペンスありの感情的な要素であるとか、編集によって作品により強い力感を持たせている点、さらにはギャグの配置や小道具の使い方一つなど広範囲にわたって、総体的に成熟ぶりが増していると結論付けている[4]

キャスト編集

  • チャールズ・チャップリン:陽気な男
  • ジェス・ダンディ:社長
  • ジャック・ディロン:悪知恵の働く支配人
  • ミンタ・ダーフィ:秘書
  • アル・セント・ジョン英語版:エレベーターボーイ
  • グレン・カーヴェンダー:ギャンブラー

etc

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1914年製作、2010年発見の『泥棒を捕まえる人』を除く

出典編集

参考文献編集

  • チャールズ・チャップリン『チャップリン自伝』中野好夫(訳)、新潮社、1966年。ISBN 4-10-505001-X
  • デイヴィッド・ロビンソン『チャップリン』上、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋、1993年。ISBN 4-16-347430-7
  • デイヴィッド・ロビンソン『チャップリン』下、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋、1993年。ISBN 4-16-347440-4
  • 大野裕之『チャップリン再入門』日本放送出版協会、2005年。ISBN 4-14-088141-0
  • 大野裕之『チャップリン・未公開NGフィルムの全貌』日本放送出版協会、2007年。ISBN 978-4-14-081183-2

外部リンク編集