メインメニューを開く

新美南吉記念館(にいみなんきちきねんかん)は、愛知県半田市にある新美南吉の記念文学館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 新美南吉記念館
Niimi Nankichi Memorial Museum
Niiminankichikinenkan.JPG
新美南吉記念館の位置(愛知県内)
新美南吉記念館
愛知県内の位置
施設情報
正式名称 新美南吉記念館
専門分野 新美南吉
館長 山本英夫[1]
管理運営 半田市
建物設計 新家良浩建築工房[2]
延床面積 2,121.18m2[2]
開館 1994年平成6年)6月
所在地 475-0966
愛知県半田市岩滑(やなべ)西町1‐10‐1
位置 北緯34度54分33.62秒 東経136度54分40.33秒 / 北緯34.9093389度 東経136.9112028度 / 34.9093389; 136.9112028座標: 北緯34度54分33.62秒 東経136度54分40.33秒 / 北緯34.9093389度 東経136.9112028度 / 34.9093389; 136.9112028
外部リンク 新美南吉記念館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
館内

概要編集

1994年(平成6年)6月、新美南吉生誕80周年・没後50周年を記念し童話ごん狐』の舞台とされる中山の地に開設された。建物社団法人愛知建築士会が主催した全国コンペにより選出されたものである。当時としては最多応募数の中から新家吉宏、岡村雅弘、石田純治の3氏が共同受賞し、その斬新的な構成が話題を集めたほか、1994年度には第2回愛知まちなみ建築賞を受賞している[2]。記念館に隣接する童話の森には遊歩道(せせらぎの小径、あじさいの道、花のき広場、兵十橋)などが整備され、散策や自然観察などが楽しめる。

館内の展示室には南吉の残した原稿日記手紙などの資料と南吉の作品6点のジオラマ模型の展示が行われている。図書室には、南吉の作品や研究書が多く収蔵されているほか、ビデオシアターでは『ごん狐』や『手袋を買いに』などの作品を月替わりで上映している。

2010年(平成22年)6月には明仁天皇美智子皇后夫妻が同館を来訪した。

2013年(平成25年)には、新美南吉の生誕から100周年を迎え1年を通して様々な記念事業を開催している。それに伴い、展示室を一部改装し、1月5日にリニューアルオープンした。同年4月には、半田市の名誉市民である森信三の展示を半田市立博物館に移転している[3]

利用案内編集

  • 開館時間 - 9:30 ~ 17:30
  • 休館日 - 毎週月曜日、毎月第2火曜日(祝日・振り替え休日の場合は翌日休館)、年末年始
  • 入館料 - 210円(中学生以下無料)

交通アクセス編集

出典編集

  1. ^ 会員トピックス - ひと”. 半田市商工会議所. 2013年8月23日閲覧。
  2. ^ a b c 第2回愛知まちなみ建築賞”. 愛知県公園緑地課. 2013年8月23日閲覧。
  3. ^ 森信三展示は移転しました。”. 新美南吉記念館. 2014年8月5日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集