新進芸術家海外研修制度

新進芸術家海外研修制度 (しんしんげいじゅつかかいがいけんしゅうせいど、: Program of Overseas Study for Upcoming Artists) は日本文化庁が運営する、日本人芸術家の海外研修のための支援を行う制度である。毎年、美術音楽、舞踊、演劇映画舞台美術等、メディア芸術の各分野における新進芸術家の海外の大学や芸術団体、芸術家等への実践的な研修に従事する機会を提供している[1]

研修期間は、1年、2年、3年、特別(80日間)、短期(20日 - 40日)及び高校生(350日)の6種類があり、平成29年度末までに、約3,500名が研修を修了している(昭和42年から平成13年度末までは、「芸術家在外研修」事業として実施)[1]

これまでの主な研修者編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 新進芸術家の海外研修”. 文化庁. 2019年11月25日閲覧。