日下 力(くさか つとむ、1945年1月 - )は、日本国文学者、早稲田大学名誉教授。 新潟県佐渡生まれ。1971年、早大大学院修士課程修了。1972年岩手大学教育学部助手、1974年、専任講師、1977年助教授。1977年日本古典文学会賞早大窪田空穂賞受賞。1979年、早大文学部助教授、1984年、教授。文学学術院教授。1998年、「平治物語の成立と展開」で早大文学博士。2013年早大を退任[1]。中世軍記物語が専門。

著書編集

  • 『平治物語』岩波セミナーブックス 1999
  • 『平治物語の成立と展開』汲古書院 1997
  • 『平家物語の誕生』岩波書店 2001
  • 『平家物語転読 何を語り継ごうとしたのか』笠間書院 2006 (古典ルネッサンス)
  • 『いくさ物語の世界 中世軍記文学を読む』岩波新書 2008 
  • 『中世尼僧愛の果てに 『とはずがたり』の世界』角川選書 2012

共編・校訂訳編集

  • 日本絵巻大成 13 平治物語絵詞 小松茂美監修・松原茂共編 中央公論社 1977.9、普及版1988.3
  • 保元物語・平治物語 ほるぷ出版 1986.9 (日本の文学)
  • 軍記物語集 早稲田大学出版部 1990.6 (早稲田大学蔵資料影印叢書)
  • 新日本古典文学大系 43 平治物語 岩波書店 1992.7
  • 承久記 前田家本 田中尚子・羽原彩共編 汲古書院 2004.10
  • 平家物語を知る事典 鈴木彰・出口久徳共著 東京堂出版 2005.6
  • 平家物語大事典 大津雄一佐伯真一櫻井陽子共編 東京書籍 2010.11
  • 平治物語 現代語訳付き 角川ソフィア文庫 2016.12

参考編集

  • 著書掲載略歴、J-GLOBAL

編集

  1. ^ 笠間書院:最終講義「いくさの物語と苦悩の表現-世界文学の中で考える-」講師:日下力氏[1]