メインメニューを開く

日奉 宗頼(ひまつり の むねより、生没年不詳)は、は武蔵七党の1つ西党の党祖。子に日奉宗妙日奉宗長日奉宗楯西宗頼

日奉の祖は、大伴氏と同じ高皇産霊尊の子孫といわれる。承平元年(931年)、より武蔵として下向し国府(府中)で政務にあたり、任期満了の後も帰郷せずに土着したともいう。また、西党の1つである小川氏に伝わる系図(『日奉氏小川系図』)では藤原宗頼の子で武蔵国に下ったとされているが、これを裏付ける史料は発見されていない[1]。土着したのは、日野郷の土淵の地であり、近郷の油井の牧小川の牧を支配した。彼の子孫は、武蔵国府の西側に勢力を拡げたので西党と呼ばれ、平山小川立川由井二宮川口などの姓を称した。平山氏には一ノ谷の戦いで名をはせた平山季重がいる。宗頼は、日野宮神社東京都日野市栄町)に祀られている。

異説として、下海上国造の流れを汲む他田日奉直氏の後裔、日奉宿祢姓。宗頼は万寿2年(1025年)に武蔵国多摩牧監に任命され、下総国海上郡から移り住んだという説もある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 峰岸純夫「日奉氏小川系図」峰岸純夫 他編『中世武家系図の史料論』上巻 (高志書院2007年ISBN 978-4-86215-029-5