日本アフリカ学会

日本アフリカ学会(にほんアフリカがっかい、英語: Japan Association for African Studies)は、「アフリカ大陸及びその周辺地域の自然・人文・社会についての研究及び調査の推進をはかり、日本におけるアフリカ研究の発展に努めること」を目的として1964年に設立された学術団体[1]。事務局所在地は京都府京都市日本学術会議協力学術研究団体であり、日本学術会議などによる「学会名鑑」にも学会として登録されている[1]。北海道、東北、関東、中部、関西、中国・四国、九州の7支部から構成される[2]。2020年からの会長は大阪大学教授の栗本英世[3]

日本アフリカ学会
団体種類 学術団体
設立 1964年
所在地 京都市北区小山西花池町1-8
主要人物 栗本英世(会長)
ウェブサイト https://african-studies.com
テンプレートを表示

学術誌『アフリカ研究』(題: Journal of African Studies)を発行し[4]、研究奨励賞を実施している[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日本アフリカ学会”. 学会名鑑. 日本学術会議日本学術協力財団科学技術振興機構. 2017年12月4日閲覧。
  2. ^ 組織”. 日本アフリカ学会. 2020年11月19日閲覧。
  3. ^ 会長挨拶”. 日本アフリカ学会 (2020年4月6日). 2020年11月29日閲覧。
  4. ^ 学術雑誌『アフリカ研究』”. 日本アフリカ学会. 2017年12月4日閲覧。
  5. ^ 研究奨励賞 一覧”. 日本アフリカ学会. 2020年11月19日閲覧。

外部リンク編集