日本コミュニティ放送協会

一般社団法人日本コミュニティ放送協会(にっぽんコミュニティほうそうきょうかい、: Japan Community Broadcasting Association、略称: JCBA)は、コミュニティ放送事業者の相互啓発などを目的に設立された非営利団体である。

日本コミュニティ放送協会
Japan Community Broadcasting Association
団体種類 一般社団法人
設立 1994年5月12日
所在地 東京都港区浜松町2-2-3菊島ビル4階
北緯35度39分19.7秒東経139度45分17.83秒座標: 北緯35度39分19.7秒 東経139度45分17.83秒
法人番号 4010405003130
起源 全国コミュニティ放送協議会
主要人物 代表理事 冨永 洋一
活動地域 日本の旗 日本
主眼 コミュニティ放送の健全な発達・普及の促進
活動内容 コミュニティ放送における放送倫理の確立と高揚のための施策推進のための情報収集 他
会員数 226社(2017年1月24日現在)
ウェブサイト http://www.jcba.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

コミュニティ放送事業者の団体としては国内最大の会員数を誇る。 日本民間放送連盟と同様に法令上、加入が義務付けられた団体ではなく、コミュニティ放送事業者のすべてが会員というわけではない。

沿革
  • 1994年(平成6年) - 日本コミュニティ放送協議会が任意団体として設立
  • 2002年(平成14年) - 有限責任中間法人日本コミュニティ放送協会となる。
  • 2009年(平成21年) - 一般社団法人日本コミュニティ放送協会となる。
会員

入会資格は、事業に賛同するコミュニティ放送免許を受けた法人またはこれに準ずる団体[1]で、コミュニティ放送の特定地上基幹放送事業者または認定基幹放送事業者でなければならない。 これ以外の事業に賛同する法人は賛助会員として入会できる。

脚注編集

  1. ^ 日本コミュニティ放送協会 定款第5条

関連項目編集

外部リンク編集