メインメニューを開く

日本ゼネラル・モータース(にほん-)は、アメリカの自動車会社ゼネラル・モーターズのアジアでの生産拠点として、かつて日本の大阪に存在した戦前の会社である。1927年(昭和2年)設立、1941年(昭和16年)撤退。

日本ゼネラル・モータース株式会社
種類 株式会社
市場情報 消滅
本社所在地 日本の旗 日本
大阪市大正区鶴町
設立 1927年2月1日
業種 輸送用機器
事業内容 自動車製造販売
資本金 800万円
主要株主 アメリカ合衆国の旗 ゼネラルモーターズ
関係する人物 神谷正太郎
浜本正勝
特記事項:1941年撤退
テンプレートを表示

目次

設立経緯編集

日本でのGM車販売は、大正時代から梁瀬自動車株式会社によりおこなわれていた。しかし、1925年(大正14年)2月に米国フォードアジア地区の生産・販売拠点として横浜に工場を設置したことから、これに対抗し、米国ゼネラルモーターズ (GM)も日本に自動車生産・販売拠点を設けた。

1927年(昭和2年)1月17日、「日本ゼネラル・モータース」を設立。資本金は800万円(当時)。

略歴編集

  • 1925年(大正14年)4月、輸出ディビジョンの数名が工場用地の調査のため来日。各地で激しい誘致競争が始まる。
  • 1926年(大正15年)、大阪市が、4年間の市税の免除、工場建設に可及的便宜を図ることなど破格の好条件を提示し、誘致戦を制した。[1]
  • 同年12月、大阪市大正区鶴町(現在の鶴町1丁目、大阪市営渡船船町渡船場付近)の東洋綿花の工場と倉庫を借り、組み立てラインを新設。
    敷地1万5066坪(49,718平方メートル)、建物4748坪(15,668平方メートル)。
  • 1927年(昭和2年)2月1日、「日本ゼネラル・モータース株式会社」を設立。
  • 同年4月、組み立て、及び販売を開始。

概要編集

生産編集

組み立てに必要な機械は全て本国から持ち込まれ、アメリカ人の監修の下、日本人労働者が従事した。

当時の日本の工業水準では、質の高い部品作りは望めないことから、フォード同様、本国から全ての部品を輸入する、コンプリートノックダウン生産の形をとった。

シボレーブランドの貨物自動車乗用車の生産がメインで、生産台数は、年間約1万台だった。

販売編集

 
1929年型シボレー大阪工場日本現地生産車
 
1921年(大正10年)、梁瀬時代のシボレー広告

梁瀬時代からGM車はブランド名で宣伝されていたため、フォードとの比較は「シボレー車対フオード車」としてなされていた。

シボレー車は頑丈で悪路に強かったことから、まだ自動車用の道路が十分に整備されていなかった日本国内で重宝されたばかりでなく、すでに軍用自動車補助法(1918年施行)があったにもかかわらず、日本の軍隊にも多数が納入された。

当時は、国産車はまだ少数派であり、路上のクルマのほとんどはGMかフォードだった。この2社は、クルマのつくりが良いだけではなく、各道府県に一箇所はディーラーを配置するなど、販売とサービス面でも強みをもっていた。

販売促進については、1933年(昭和8年)、京都の大沢商会大沢善夫に発注し、マキノ・プロダクション出身の映画監督・金森万象、撮影技師・石野誠三にシボレーの宣伝映画『見よ! この先駆者を』を製作させた[2]

戦後の国内自動車メーカー各社のディーラー網の充実は、GM、フォードのディーラー網から発展したものである。営業区域制、専売店制などのメーカーが販売会社をコントロールする仕組みは米国から輸入されたものだが、本家、米国では、『リベートをてこにした自動車メーカーの販売会社支配』は、1936年(昭和11年)にロビンソン=パットマン法が制定され、不可能となっている。また、日本では、他メーカーの車や部品を扱ってはならないと取引契約書に専売条項があるが、米国では反トラスト法違反となる。米国では競合他社の車も並べて販売でき、米国で日本の自動車メーカーが躍進できた背景にはこのことがある。[3]

また、販売の神様といわれた、トヨタ自販初代社長の神谷正太郎は、従前、日本ゼネラル・モータースで販売広告部長を担当しており、1935年(昭和10年)にトヨタに移籍している。販売のトヨタの血もまた、日本ゼネラル・モータースで培われたものである。

撤退編集

1936年(昭和11年)の自動車製造事業法施行により、国産メーカーのみに大量生産が許され、発展の余地がなくなり、1941年(昭和16年)、太平洋戦争開戦の年の日本軍の南部仏印進駐を受けてアメリカ政府による日本への各種経済制裁が施行されたことを受けて、日本での操業は中止された。

第二次世界大戦後、ヤナセが日本市場の販売代理店を長期間つとめていたが、1995年(平成7年)、GMの各種ブランドの車の輸入販売・サポート・アフターサービスを行う会社日本ゼネラルモーターズ(現ゼネラルモーターズ・ジャパン)が設立された。

車種編集

編集

  1. ^ GM側が大阪を選んだ理由には中国市場を考慮に入れていたからと言われる。大阪での組立車のうち半数は中国に輸出していた。
  2. ^ 菅家紅葉氏談話」、立命館大学、p.28., 2009年11月8日閲覧。
  3. ^ 「くるま社会」、朝日新聞経済部、1980年10月30日刊、ISBN 4022548002

関連項目編集

外部リンク編集

画像外部リンク
  1936年のシボレーの看板
デジタル時計の電光掲示板が話題になった。