メインメニューを開く

公益財団法人日本宗教連盟(こうえきざいだんほうじんにほんしゅうきょうれんめい)は、日本財団法人。日本における宗教団体相互の連絡、宗教文化の興隆、さらに世界平和への貢献を目的とする。略称は日宗連。事務所は、東京都港区芝公園の明照会館内に所在する。

概要編集

日本宗教連盟は、「教派神道連合会財団法人全日本仏教会日本キリスト教連合会神社本庁財団法人新日本宗教団体連合会(以下「協賛者」という。)及びその他の団体との親密な提携によって、日本国憲法が規定する信教自由政教分離の精神のもとに、宗教文化の振興を図り、道義に基づく文化日本の建設に寄与し、もって、世界平和の確立に貢献することを目的」としている(寄附行為4条)。

主な事業は、宗教教誨事業への協力、宗教と税制シンポジウムの開催、意見書・要望書などの声明文の発表、各種審議会や各種式典への関係者出席、年刊「日宗連通信」の発行など。

翼賛体制の下、戦争協力のために、1944年(昭和19年)9月29日に結成された、前身である「大日本戦時宗教報国会」が解体し、1945年(昭和20年)10月21日に、「日本宗教会」が発足、さらに1946年(昭和21年)6月2日に、「日本宗教会」が改まり、「日本宗教連盟」が結成され、法人登記された。

所管は、文部科学省文化庁文化部宗務課。

組織編集

日本宗教連盟は、教派神道連合会、財団法人全日本仏教会、日本キリスト教連合会、神社本庁、財団法人新日本宗教団体連合会の5団体を協賛者としている。理事(6名。うち1名は理事長。以下、人数はいずれも2007年(平成19年)3月1日現在。)は、各協賛者から推薦された者(5名)と、その理事全員に推薦された学識経験者(1名)が務める。理事は、理事会を組織して、法人の業務を議決、執行する。理事長は、理事の互選で定められる。通例、各協賛者から推薦された5名の理事が、1年交替で務める。

法人の事務を処理するため、事務局が置かれる。事務局は、各協賛者から推薦された幹事(5名)と主事その他の職員から構成される。事務局長は、理事長を推薦した団体と同じ団体から推薦された幹事が務めている。

また、協賛者から推薦された者および学識経験者を参議(16名)とし、参議は参議会を組織する。参議会は、協賛者が推薦した者の中から監事(3名)を選任するほか、理事会の諮問に応じ、理事長に助言する。監事は、法人の財産の状況、理事の業務執行の状況などを監査する。この他、理事会が推薦した者の中から、理事長が顧問(7名)を委嘱し、理事長の諮問に応じる。

役員編集

  • 2007年(平成19年)度
理事長 杉山一太郎・教派神道連合会理事長
理事 安原晃・全日本仏教会理事長
理事 山北宣久・日本キリスト教連合会委員長
理事 矢田部正巳・神社本庁総長
理事 庭野日鑛・新日本宗教団体連合会理事長
理事 島薗進東京大学大学院教授(学識経験者理事)
監事 小林正道・全日本仏教会常務理事
監事 磯部豊三郎・神社本庁財政部長
監事 小林正二・新日本宗教団体連合会評議員

参考文献編集

  • 日本宗教連盟50周年実行委員会『日本宗教連盟50年のあゆみ』、日本宗教連盟、1996年。

関連項目編集

外部リンク編集