日本建設機械施工協会

建設機械の業界団体
日本建設機械化協会から転送)

一般社団法人 日本建設機械施工協会(にほんけんせつきかいせこうきょうかい)は、1949年昭和24年)に設立された建設機械の業界団体。元国土交通省及び経済産業省所管。

概要編集

2010年3月9日、「事業仕分け (行政刷新会議)第2弾」において、仕分け対象枠の公益法人に選定された。

事業編集

  • 標準部:
  • 機械経費調査部:
  • 試験部:建設機械施工技士の検定試験、特別研修の実施
  • 施工技術総合研究所:建設機械に関する調査・研究・開発、機械化施工に関する調査・試験・研究、建設機械の性能試験及び評定等、疲労試験・構造物耐荷力試験、技術指導、建設技術審査証明事業、材料試験・施設貸与、新技術開発研究会、各種試験申込・業務依頼

沿革編集

  • 1949年 - 前身となる建設機械化協議会が創設[1]
  • 1950年 - 社団法人建設機械化協会が設立[1]
  • 1952年 - 社団法人日本建設機械化協会に改称[1]
  • 2012年4月1日 - 一般社団法人日本建設機械施工協会に移行[1]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 機関詳細 - 日本建設機械施工協会”. 学会名鑑 (2018年11月22日). 2019年10月4日閲覧。

外部リンク編集