日本病院団体協議会

日本病院団体協議会(にほんびょういんだんたいきょうぎかい。通称:日病協=にちびょうきょう)とは、全国公私病院連盟全国自治体病院協議会全日本病院協会日本医療法人協会日本私立医科大学協会日本精神科病院協会日本病院会国立病院機構国立大学病院日本療養病床学会労働者健康安全機構日本社会医療法人協議会日本慢性期医療協会日本リハビリテーション病院・施設協会地域包括ケア病棟協会の合計15団体が参加している病院団体の集まり。参加団体の病院総数は全国の病院施設のうちの約80%のシェアを占める。

平成17年4月26日、病院10団体が「日本病院団体協議会」を結成。病院団体の大同団結のように思われるが「自主的なきわめて緩やかな連携を模索する集合体」であり、全員一致を原則として、ある程度の意見や意思を表明することを目指している。

ちなみに過去にも、日本病院会や全国公私病院連盟など20団体が参加して「全国病院団体連合」を、1993年に発足させたことはあるが、現在はまったく活動していない。また、四病院団体協議会もあるが、こちらは基本的に民間病院団体の集まりとして活動している。

医師不足問題、医療計画制度のあり方、入院基本料や外来診療料の矛盾や診療科格差、医療安全対策などを中心課題にしている。

参考文献編集

関連項目編集

四病院団体協議会

外部リンク編集