メインメニューを開く

日本音楽作家団体協議会(にほんおんがくさっかだんたいきょうぎかい、Japan Federation of Authors and Composers Associations)は、日本作曲家作詞家編曲家、訳詞家の団体の協議体。略称=「FCA」。事務所は日本音楽著作権協会内。著作権及び著作隣接権保護期間の延長、私的録音録画補償金制度の維持・拡大に取り組む。

目次

沿革編集

1986年4月、日本作曲家協議会日本現代音楽協会日本童謡協会を含む13の音楽作家団体によって設立[1]

1999年デジタル時代の著作権協議会(CCD)の設立に参加[2]

2004年9月9日楽譜コピー問題協議会(略称=「CARS」、構成団体=日本音楽作家団体協議会、社団法人日本作曲家協議会、社団法人日本音楽著作権協会日本現代音楽協会日本楽譜出版協会、社団法人日本童謡協会)に参加[3]

2006年7月、著作権問題を考える創作者団体協議会の設立に参加[4]

2008年1月15日の「Culture First〜はじめに文化ありき〜」行動』に推進団体として参加[5]

2009年8月25日日本音楽著作権協会他の団体とともに、「権利制限の一般規定」の導入に反対する意見書発表。

編集

会員団体編集

外部リンク編集