メインメニューを開く

Cシリーズは日産ディーゼル工業(現UDトラックス)がかつて製造していた大型トラックである。1971年7月から1979年10月まで生産していた。

CW41(中期型)

概要編集

サングレイトの後継車としてデビュー。丸みを帯びたキャブデザインから愛好者からはダルマと呼ばれている。生産終了から30年以上たった今でも海外にわたり活躍している。ヘッドライトをフロントバンパーに内蔵した高出力エンジン車のセミハイキャブモデルも存在し、重トラクタやフルトラクタ、全輪駆動車に見られた。

歴史編集

  • 1971年7月 - デビュー。エンジンはL6がPE6型(220ps)とPD6T(260ps)、V8がRD8型エンジン(280ps)、V10がRD10型(350ps)。テールランプは他社と同じ丸型だが、2連タイプは外側がウインカーで内側がブレーキランプであった。
  • 1972年 - 3軸トラクタCW-Tを追加。
  • 1975年 - CK(単車)を追加。6t積みのCK10型、7t積みのCK15型、8t積みのCK20型がある。
  • 1976年9月 - S-1シリーズ発売。
  • 1977年6月 - マイナーチェンジ。フロントグリルのデザインが変更される。
  • 1978年 - RD8型エンジンが280psから300psに20psアップした。
  • 1979年10月 - 昭和54年排出ガス規制を機に製造中止。後継車はレゾナ

ラインナップ編集

これらの型式は後継車のレゾナビッグサムクオンにも引き継がれている。

  • CV(前2軸・後1軸 6×2)
  • CW(前1軸・後2軸 6×4)
  • CD(前1軸・後2軸 6×2)
  • CG(前2軸・後2軸 8×4)
  • CK(4×2)
  • CK-T(4×2トラクタ)
  • CW-T(前1軸・後2軸 6×4トラクタ)
  • CF(4×4除雪車)
  • CZ(6×6除雪車)
  • CB(8×8除雪車)
  • WD (構内専用車 前1軸・後2軸 6×4)

関連項目編集

外部リンク編集