メインメニューを開く
バイソン

バイソン は、日産ディーゼル工業(現:UDトラックス) で販売されていた小型トラック

概要編集

日産自動車が製造・販売する小型トラック、キャブオール日産店モーター店扱い)とクリッパープリンス店扱い)の兄弟車として1979年9月に誕生した。型式はYC341型系。キャブオール・クリッパーに設定されていたガソリン車の設定はない。

その名前自体は力強さがあるものの、「倍損」との意味を取って敬遠するユーザーもあったという。

外観上はキャブオールおよびクリッパーと基本的に同じではあったが、車体色にコンドル(CM90系)と同じホワイトを採用する点が異なる(キャブオールが青でクリッパーが緑)。またグリルの上部には、コンドルと同じようにネームガーニッシュが取り付けられた。

1980年6月、一部改良。ED33エンジンの新設、始動性向上対策にオートグロー及びアフターグローの追加、安全対策にロングボディー車にセーフティーウインドウの追加と一部車種に排気ブレーキがオプション設定された。パワーステアリングも一部車種にオプション設定がされたが、クーラーとの同時装着はできない。

その後、1981年12月に「コンドル20 / 30」(H40型系。アトラスの兄弟車)としてフルモデルチェンジし、その短い歴史の幕を閉じた。

車名の由来編集

アメリカバイソンなど、バイソン属の「野牛」の意味。

関連項目編集