V9X型エンジンは、2008年よりルノーによって製造され、日産自動車およびルノーの乗用車に搭載されるディーゼルエンジンである。

V9X
生産拠点 フランス ルノークリオン工場
製造期間 2008年-
タイプ V型6気筒 DOHC 24バルブ
排気量 2,993cc
内径x行程 84mmx90mm
圧縮比 16
最高出力 173kW (235PS) /1,750rpm[1]
175kW (238PS)[2]
177kW (240PS) /1,750rpm[3]
最大トルク 450N·m (45.9kgf·m) /1,500rpm[1]
550N·m (56.1kgf·m) /1,750-2,500rpm[2]
テンプレートを表示

概要編集

V9X型エンジンは2005年から欧州で日産とルノーにより共同開発された。当初はV型8気筒ディーゼルエンジンの開発も検討されたが、最終的にV型6気筒 3.0リットルとすることが決定され、開発時には最高出力175kW、最大トルク550N·mおよび欧州の排出ガス基準、ユーロ5への適合が目標とされた。バンク角はガソリンエンジンのみの搭載を前提に開発されたモデルに縦置き横置きのどちらでも搭載できるように65となった。

2008年10月に発表されたルノー・ラグナクーペに初めて搭載され、2010年にはインフィニティブランドによりV9X型を搭載したEX30dFX30dが欧州で発売される。なお、このモデルはインフィニティブランドとしては初のディーゼルエンジン搭載車であり、また同年9月にはY51型フーガの欧州仕様車にV9X型エンジンを搭載したM30dの発売も予定されている。

また、2010年のモンディアル・ド・ロトモビルにおいて発表されたルノー・ラティテュードにも搭載される。

搭載車編集

脚注編集

  1. ^ a b ルノー・ラグナの値。
  2. ^ a b インフィニティ・QX50、QX70、Q70の値。
  3. ^ ルノー・ラティテュードの値。

外部リンク編集