メインメニューを開く

日立工業専修学校(ひたちこうぎょうせんしゅうがっこう)は、茨城県日立市にある文部科学省認定の専修学校である。1910年、日立製作所の創業時に初代社長の小平浪平が「事業の発展は人にあり」という理念のもと日本や世界の産業と社会の発展に貢献できる日立人の育成の為に創立。組織上の位置付けは、株式会社日立製作所総合教育センタである。

日立工業専修学校
日立工業専修学校校舎.jpg
過去の名称 (株)日立製作所徒弟養成所
日立工業専修学校
日立工業青年学校
日立第一工業青年学校
日立茨城青年学校
青年学校日立工業専修学校
国公私立の別 私立学校
学校種別 専修学校
設置者 株式会社日立製作所
併合学校 1935年 日立青年訓練所
校訓 和・誠・開拓者精神
設立年月日 1910年4月
創立者 小平浪平
共学・別学 男女共学(2012年度より)
学期 2学期制
所在地 316-0032
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

目次

概要編集

3年制の高等課程と1年制の専門課程を設置している。高等課程は科学技術学園高等学校と連携し(技能連携制度)、部活動等の場面では、科学技術学園高等学校日立(かがくぎじゅつがくえんこうとうがっこうひたち)として高野連・高体連・吹奏楽連に加入している。なお、人間教育の一環として全寮制の形式をとっている。卒業後は全員が日立製作所をはじめとする日立グループ、また三菱日立パワーシステムズへ入社する。また卒業後、各事業所で技能五輪へ挑戦し全国大会や世界大会で活躍してる卒業生も多く見られる。

設置学科編集

  • 工業高等課程(3年制)
    • 電気科
    • 機械科
    • 溶接科
  • 工業専門課程(1年制)
    • 機械科

主な卒業生編集

外部リンク編集