メインメニューを開く

日立空襲(ひたちくうしゅう)は、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)6月10日および7月19日アメリカ軍爆撃機ボーイングB-29によって行われた茨城県日立市および那珂郡勝田町(現ひたちなか市)への戦略爆撃の総称である。

また同年7月17日にはアメリカ海軍第三艦隊戦艦による艦砲射撃が行われた(日立艦砲射撃と呼ばれる)。

この攻撃の主たる目標は、軍需工場として重要な役割を担っていた日立製作所海岸工場と、機関砲機関銃の専門工場であった日立兵器株式会社であった。

第一回空襲編集

1945年6月10日午前9時前、大甕(現・大みか町)から海岸沿いに北上したB-29重爆撃機100機以上が1トン爆弾806発を投下。

日立製作所海岸工場では上屋面積の99.6%、19万9100平方メートルが破壊され、当日が振り替え休日中ながら出勤していた従業員634人が死亡した。工場に隣接する地域では約1500戸が全壊、約900戸が半壊し、死者は641人(合わせて1275人)にのぼった。

艦砲射撃編集

7月17日午後11時14分から翌18日午前零時11分、アメリカ海軍第三艦隊の第34.8.2任務隊所属の戦艦5隻(ウィスコンシンミズーリアイオワノースカロライナアラバマ)、軽巡洋艦2隻、駆逐艦9隻の計16隻が日立沖に現れ、まず多賀地区、続いて勝田地区への艦砲射撃を行った。イギリス海軍の艦艇3隻(キング・ジョージ5世ほか駆逐艦2隻)もこの艦砲射撃に参加した。

多賀地区では日立製作所多賀工場に530発、同電線工場に126発、同山手工場に89発、日立鉱山電錬工場に125発の合計870発の16インチ対陸上砲弾が撃ちこまれた。この砲弾の大部分は工場外の住宅地に落下し、全壊637棟、半壊1059棟、死亡者317人、重軽傷者367人、行方不明者9人の被害を出した。

また勝田地区では日立兵器会社に224発、日立製作所水戸工場に144発の合計368発の砲弾が撃ちこまれ、これによって日立兵器会社は壊滅した。それ以外に、家屋の全壊・全焼が34棟、半壊69棟、一部損壊が199棟、死者77人の被害が出た。[1]

第二回空襲編集

同年7月19日深夜、アメリカ空軍第73飛行団所属のB-29重爆撃機127機が霞ヶ浦上空を北上して日立市上空に到達し、19日午後11時20分から翌20日零時53分までの1時間18分で13,900発(約960トン)の焼夷弾が投下され、143人が死亡、日立市内の公共施設など主要な建物の大部分が焼失した(日立市、多賀町、豊浦町を合わせ、全焼家屋・建物は11,249棟)。

脚注編集

  1. ^ 『証言記録 市民たちの戦争「戦場になると噂(うわさ)された町〜茨城・勝田〜」』(2010年NHK)によれば、着弾数368発の内訳は兵器工場:75発、工場外:293発、死者は110人余りである。

出典編集

関連項目編集