メインメニューを開く

日高 恒太朗(ひだか こうたろう、1952年 - 2014年11月3日[1])は、日本のノンフィクション作家

鹿児島県種子島生まれ。本名・盛久。鳥羽商船高等専門学校卒業後、タンカーなど外国航路船舶の航海士を経て、1977年日本テレビ放送作家になる。その後、事件ライターに。出撃しながらエンジン不調などで生還した元特攻隊員23人を訪ね歩き、それぞれの心の深奥に迫ったノンフィクション『不時着』で、2005年第58回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞[2]

著書編集

  • 『新興宗教はなぜ流行るか』新人物往来社 1992
  • 『オウムの黙示録 新興宗教はなぜ流行るか』新人物往来社 1995
  • 『島の食事 種子島屋久島吐噶喇紀行』透土社 自然に生きるシリーズ 2001
  • 『不時着』新人物往来社 2004 「不時着 特攻-「死」からの生還者たち」文春文庫
  • 『名も知らぬ遠き島より ひとり身の渚を枕に「種子島・屋久島・吐噶喇」亜熱帯漂流』三五館 2006
  • 『日本震撼事件100 戦後殺人ファイル ヒトはなぜ人を殺すことができるのか!? 殺人鬼-その凶悪は絶対許せない』編 大洋図書 2006
  • 『別冊歴史読本 新・殺人百科データファイル 明治・大正・昭和・平成殺人の貌101』新人物往来社 2008
  • 『日本の女殺人犯101 江戸・明治・大正・昭和・平成』笠倉出版社 2008
  • 『辺海放浪 東シナ海国境なき島々』新人物往来社 2009

注釈編集