旧官立大学(きゅうかんりつだいがく)とは、学制改革前の日本で施行されていた大学令に基づき、国によって設置されていた旧制大学、もしくはその後身の新制大学を指す言葉である。前者を指す場合、単に官立大学(かんりつだいがく)とも言う。後者を指して用いられる場合は、大学群を示す言葉としての意味合いが含まれることがある。以降、「官立大学」と記す場合は旧制の官立大学そのものを指し、「旧官立大学」と記す場合は大学群としての旧官立大学を指すこととする。

概要編集

官立大学とは、大学令に基づき国によって設置されていた大学を言う。官立大学は設立目的などにより細かく分類され、各分野の専門家の育成を主眼として設置されていた。多くは第二次世界大戦後に新制大学となっており、現在では旧官立大学という大学群として扱われることもある。

なお、帝国大学も国によって設置された旧制大学であるが、大学令でなく帝国大学令に基づき設置されていたため、官立大学に含めない。地方行政機関・地方自治体も広義には「官」であるが、これらが設置していた大学は公立大学と称し、官立大学には含めない。帝国議会の議決によって設立された大学もあるが、これらも官立大学には含めない。

官立大学一覧編集

終戦時に存在したもの編集

第二次世界大戦終結時に存在した官立大学を以下に示す。各カテゴリはカテゴリ内で最も古く大学に昇格した順に並んでおり、各カテゴリ内は大学昇格あるいは官立移管の古い順番になっている。

帝国大学となったもの編集

帝国大学へ昇格した、あるいは帝国大学に吸収された官立大学を以下に示す。

  • 大阪工業大学(1929年、大学昇格。1933年、大阪帝国大学に吸収)
  • 名古屋医科大学(1931年※、官立移管。1939年、名古屋帝国大学へ昇格)
    ※1920年に愛知県立の愛知医科大学として昇格。1931年、官立移管し名古屋医科大学に改称。

戦後に設置されたもの編集

第二次世界大戦後、旧制医学専門学校を前身として、国立学校設置法施行前に設置された官立の医科大学が存在する。これらの大学は、(東京医科歯科大学以外は大学令廃止(1947年)後の設立であるが、)官立大学官制(昭和21年勅令第206号)を改正することにより設置されたため、官立大学に分類することもある。 その一覧を以下に示す。

大学群としての旧官立大学編集

現在の国立大学における大学群として、旧官立大学がある。官立大学から以下を除いた11校の後身校が旧官立大学に分類される。

  • 帝国大学となったもの
  • 戦後に設置されたもの(この後身校は、設置の時期や経緯が戦前に設立された官立大学と異なるため、新八医科大学に分類される)
  • 外地に存在したため新制国立大学に引き継がれなかった旅順工科大学
  • 戦後に私立大学として再建された神宮皇學館大學

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集