メインメニューを開く

学制改革(がくせいかいかく)とは、学校制度、特に学校の種別体系を改革することである。日本では、第二次世界大戦後の連合国軍最高司令官総司令部の占領下、1946年昭和21年)3月5日7日の第一次アメリカ教育使節団の調査結果によりアメリカ教育使節団報告書に基づいた教育課程の大規模な改編のことを指す。

学制改革とは編集

戦前よりの懸案を解決しつつ戦後の新社会に適した学制に改編することを目的として、南原繁東京帝国大学総長らにより推進された教育制度の改革であった。主な内容は「複線型教育」から「単線型教育」の「6・3・3・4制」の学校体系への変更。義務教育の9年間(小学校6年間・中学校3年間)への延長である。

複線型教育に主に弊害として指摘されていた社会階層に応じた教育構造であることを以って封建制の残滓とみなしその除去、及び教育の機会の均等(形式的平等。ただし日本においては“平等”(結果の平等及び実質的平等)という受容が一般的であった)を主目的とするものであった。さらに連合国軍総司令部(GHQ / SCAP)、特にその内部の先鋭的進歩的集団であるニューディーラーの後押しもあり単線型教育を推進するため小学区制男女共学・総合制[1]の三点モデルないし高校三原則も打ち出された。

しかし、これは公立学校において一時的に実現したもの1949年(昭和24年)頃までに崩壊した。小学区制は大学区制になった。総合制は崩壊して、工業高等学校・商業高等学校・農業高等学校(農林・園芸なども)・水産高等学校が多数分離独立し、単独の職業高等学校として、前身の実業学校が復活する格好となり、普通科単独高校も増加した。一方、男女共学は東日本、特に北関東東北の公立高等学校で男子校・女子校が残ったものの、西日本の公立高等学校でほぼ男女共学が実現し、普通科教育機会の拡大に大きく貢献した。私立学校については、ほとんどは男子校・女子校のまま新制中学校・新制高等学校へ移行した。

年齢 旧学制
(1946年(昭和21年)度当時)
新学制
06 - 07歳 国民学校初等科1年 義務教育6〜8年 小学校1年 6 初等教育 義務教育9年
07 - 08歳 国民学校初等科2年 小学校2年
08 - 09歳 国民学校初等科3年 小学校3年
09 - 10歳 国民学校初等科4年 小学校4年
10 - 11歳 国民学校初等科5年 小学校5年
11 - 12歳 国民学校初等科6年 小学校6年
12 - 13歳 国民学校高等科1年
青年学校普通科1年
中等学校1年
高等学校尋常科1年
中学校1年 3 前期中等教育
13 - 14歳 国民学校高等科2年
青年学校普通科2年
中等学校2年
高等学校尋常科2年
中学校2年
14 - 15歳 中等学校3年
高等学校尋常科3年
師範学校予科1年
中学校3年
15 - 16歳 中等学校4年
高等学校尋常科4年
師範学校予科2年
高等学校1年
高等専門学校1年
3 後期中等教育  
16 - 17歳 中等学校5年
高等学校高等科1年
大学予科1年
師範学校予科3年
高等学校2年
高等専門学校2年
17 - 18歳 高等学校高等科2年
大学予科2年
専門学校1年
師範学校本科1年
高等師範学校1年
高等学校3年
高等専門学校3年
18 - 19歳 高等学校高等科3年
大学予科3年
専門学校2年
師範学校本科2年
高等師範学校2年
大学1年
短期大学1年
高等専門学校4年
4 高等教育
19 - 20歳 大学1年
専門学校3年
師範学校本科3年
高等師範学校3年
大学2年
短期大学2年
高等専門学校5年
20 - 21歳 大学2年
専門学校(医専など)4年
高等師範学校4年
大学3年
21 - 22歳 大学3年 大学4年

旧学制から新学制への移行措置編集

学制改革による学校制度の大規模な変更がもたらす混乱を軽減するため、さまざまな移行措置が図られた。1947年(昭和22年)から1950年(昭和25年)頃までは旧制と新制の学校が混在した。

旧制中等学校から新制高校へ編集

国民学校初等科を1946年(昭和21年)3月までに卒業する者は旧制で進学した。1947年(昭和22年)3月以降に卒業した者から全員、新制中学校(現在の中学校)に進学した。

1947年(昭和22年)4月、暫定措置として旧制中等学校旧制中学校高等女学校実業学校)に新制の併設中学校が設置され、1年生の募集が停止された。同年度に2,3年生となる在籍者は併設中学校の生徒となった。ただし私立に関しては募集を継続し(併設中学校を廃止せずに)、現在でも中高一貫校として存続している学校もある。

1947年(昭和22年)度の5年生は、旧制中等学校の卒業と、新制高等学校の3年生への進級とを選択することができた。

旧制高校尋常科は戦争中募集を停止していたが東京高等学校は1946年(昭和21年)度のみ募集を再開した。翌年また募集を停止したので在学生は宙に浮いてしまった。結局、1948年(昭和23年)に1・2年生を募集し在学中の3年生と合わせて東京大学附属中学校(新制)となった。現在の東京大学教育学部附属中等教育学校である。

第二次大戦後の連合国軍総司令部による占領統治下での民主化政策の一環として定められた学校教育法の下で旧制中等学校は新制高等学校へ転換され、その際公立校の多くが共学化された。しかし、一部の地方自治体宮城県福島県群馬県埼玉県など[2])では男女別学が継続されるなど男女共学化は必ずしも徹底されなかった。また私学の大半は全国的に男子校もしくは女子校、また中高一貫校という形で高等学校転換が図られた。また山口県などでは、隣接する旧制中等学校と統合した上で新制高等学校に転換したケース、大阪府では単独で新制高等学校に転換されるも隣接する学校と生徒・教員の相互交流(入れ替え)を行ったケースなどがある。

1946年(昭和21年)に日本の行政権が停止された奄美群島では、臨時北部南西諸島政庁により新制高校への切り替えが1年遅れた1949年(昭和24年)に実施された[3]

逓信省所管だった無線電信講習所は文部省移管後、中央校以外の地方3校については、新制電波高校(のちの電波工業高等専門学校)への切り替えが1年遅れの1949年(昭和24年)に実施された。また運輸省所管だった商船学校も、新制商船高校(現在の商船高等専門学校)への切り替えと文部省移管が3年遅れの1951年(昭和26年)に実施された。

移行措置一覧年表
年度 1947年
昭和22年度)
1948年
(昭和23年度)
1949年
(昭和24年度)
1950年
(昭和25年度)
新学制 新制小学校・中学校が発足 新制高等学校が発足 新制大学が発足
旧学制から新学制への経過措置 旧制中等学校に併設(新制)中学校を設置 旧制高校に旧制中等学校を設置
併設(新制)中学校が新制高校に継承される

年度末で公立の新制高校の併設(新制)中学校が廃止[4]
 
旧学制 旧制中等学校の募集を停止

年度末で新制高校に移行する旧制中等学校が廃止
年度末ですべての旧制高校が廃止 年度末ですべての旧制中等学校が廃止
新旧学年対応早見表
1946年
(昭和21年度)
1947年度
(昭和22年度)
1948年度
(昭和23年度)
1949年度
(昭和24年度)
1950年度
(昭和25年度)
1951年
(昭和26年度)
1952年
(昭和27年度)
国民学校初等科6年 新制中学1年 新制中学2年 新制中学3年 新制高校1年 新制高校2年 新制高校3年
国民学校高等科1年 新制中学2年 新制中学3年 新制高校1年 新制高校2年 新制高校3年 (新制大学へ)
青年学校普通科1年
旧制中等学校1年
旧制中学校
高等女学校
実業学校
併設(新制)中学2年
旧制中等学校2年
併設(新制)中学3年
併設(旧制)中等学校3年
新制高校1年
併設(旧制)中等学校4年
新制高校2年
併設(旧制)中等学校5年
国民学校高等科2年 新制中学3年 新制高校1年 新制高校2年 新制高校3年 (新制大学へ)  
青年学校普通科2年
旧制中等学校2年 併設(新制)中学3年
旧制中等学校3年
新制高校1年
併設(旧制)中等学校4年
新制高校2年
併設(旧制)中等学校5年
旧制中等学校3年 旧制中等学校4年 新制高校2年
併設(旧制)中等学校5年
(旧制高校高等科などへ)
新制高校3年
(旧制高校高等科などの2年に編入)
(新制大学へ)  
旧制中等学校4年 旧制中等学校5年
(旧制高校高等科などへ)
新制高校3年
(新制大学へ)  
旧制中等学校5年 (旧制高校などへ)  

旧制高校等から新制大学へ編集

旧制高校旧制専門学校師範学校高等師範学校大学予科の募集は1948年(昭和23年)までであった。

ただし、3年で卒業したのは1947年(昭和22年)の入学者が最後である。1948年(昭和23年)の入学者は1年次を修了した1949年(昭和24年)3月で学籍が消滅し、新制大学を受験し直さねばならなかった(詳細は旧制高等学校を参照)。

1947年(昭和22年)度の旧制中学の卒業者、4年修了者の大学へのコースは旧制高校経由と新制高校経由の2つがあった。

1949年(昭和24年)、新制大学の発足にともない旧制高校、旧制専門学校、師範学校が新制大学に包括され、旧制単科大学も多くが新制の総合大学に包括されたため「東京大学第一高等学校」、「金沢大学第四高等学校」、「滋賀大学彦根経済専門学校」、「北海道学芸大学北海道第二師範学校」、「千葉大学東京医科歯科大学予科」、「広島大学広島文理科大学」というような名称になった。この状態が旧制学校の最後の卒業生が卒業するまで続いた[5]

東京大学駒場キャンパスでは東京大学第一高等学校と東京大学教養学部が同居して旧制と新制の学生が対立する光景も見られたという。

旧制大学の入試は1950年(昭和25年)度が最後であった[6]。しかしその後も「白線浪人」と呼ばれる旧制高校卒の過年度生が多数いたので編入試験が行われた。

1949年(昭和24年)、学制改革で医学部・歯学部の入学資格は「大学2年修了者で特定の要件(科目および単位が規定された)を満たす者」となった。そこで単科医科(歯科)大学などでは旧大学令に基づく大学予科(旧制)を2年制とした上で学制改革後も存続させ総合大学では理学部内に2年制の医歯学部受験コースである「理学部乙」を設け、「大学2年修了者」の要件を満たした。新制と旧制の入り混じるこの変則状態は1955年(昭和30年)まで存続し、1955年(昭和30年)に大学予科と理学部乙は医学部・歯学部進学課程(新制)となった。

なお1925年に逓信省から文部省の所管となった高等商船学校は、新制の(国立)商船大学への移行が1949年(昭和24年)に実施された(高等商船学校#沿革)。また逓信省所管だった無線電信講習所の中央校は文部省移管後、新制の(国立)電気通信大学への移行が同年に実施された。

脚注編集

  1. ^ 正確には旧実業学校旧制中学校・旧高等女学校の各課程を併せた総合制。
  2. ^ 宮城県・福島県の公立校は21世紀に入ってから男女共学化された。
  3. ^ 学校の廃止 沖縄県公文書館
  4. ^ 私立山下西南中学校(新制)を県立移管した愛媛県立三瓶高等学校併設中学校は在校生が卒業する1950年(昭和25年)度末まで存続した。
  5. ^ ただし、学位授与機関として旧制大学の組織が残存したため、三商大二文理科大などは包括された名称が1962年3月31日まで残った。
  6. ^ 1947年10月には全国の帝国大学から「帝国」を外した改称が行われた。

関連項目編集

外部リンク編集