早咲きの花』(はやざきのはな)は、2006年平成18年)から2007年(平成19年)上映の日本映画

早咲きの花
監督 菅原浩志
脚本 菅原浩志
出演者 浅丘ルリ子
音楽 吉村龍太
喜多郎
撮影 上野彰吾
編集 板垣恵一
配給 シネボイス
公開 日本の旗 2006年12月26日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

2006年(平成18年)の豊橋市制施行100周年を記念して、豊橋市を舞台に昭和時代太平洋戦争を描いた映画である。原作は、宗田理で小説『早咲きの花 子どもたちの戦友』、『ええじゃないか 17歳のチャレンジ』、『雲の涯 中学生の太平洋戦争』がベースとなっている。

上映映画館編集

著名人の鑑賞編集

2006年(平成18年)10月26日木曜日、第19回東京国際映画祭の「早咲きの花」の公式上映に、安倍晋三内閣総理大臣が鑑賞し、翌日の新聞各紙の「首相の1日」に載った。

関連項目編集

外部リンク編集