メインメニューを開く

早稲田 柳右衛門(わせだ りゅうえもん、1900年2月25日 - 1984年4月15日[1])は、日本の政治家衆議院議員(12期)。第2代民主党愛知県連代表。

目次

略歴編集

愛知県小牧市出身。享栄商業学校卒業。1929年、瀬戸市会議員となる。1946年、第22回衆議院議員総選挙日本進歩党公認で初当選。1954年、保全経済会の顧問に就任していたため、保全経済会事件に関して、衆議院議員の平野力三東洋大学教授の松本信次とともに証人喚問される。1955年、第2次鳩山一郎内閣郵政政務次官。1970年、勲一等瑞宝章を受章する。1975年、勲一等旭日大綬章を受章する。1976年、第34回衆議院議員総選挙には立候補せず政界引退した。1984年、瀬戸市で合同市民葬が行われる。

その他編集

  • 毎年、「故・早稲田柳右エ門先生を偲ぶ会」が開かれている

元秘書編集

脚注編集