将棋 > 将棋の戦法 > 居飛車 > 早繰り銀
△ 角
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 角
早繰り銀の例

早繰り銀(はやくりぎん、: Rapid Advancing Silver[1])は将棋の戦法の1つ。主に急戦矢倉角換わり後手番一手損角換わり相掛かりにおいて、右銀を(先手番では)3七~4六に活用する作戦の総称。▲4六銀-▲3五歩と攻める筋がある。

矢倉編集

矢倉では従来から急戦矢倉で早繰り銀が使用されていた。詳しくは矢倉囲い#急戦矢倉を参照。

角換わり編集

角換わりにおいて、早繰り銀は棒銀に対して強く腰掛け銀に対しては弱いとされている。その理由として、先手角換わり棒銀の定跡で後手が△5四角と自陣角を据えて対抗するのが先手の飛車の頭(2七の地点)と先手の玉頭(7六の地点)を睨む攻防手となる。その際、後手が早繰り銀の要領で△7三銀~△6四銀と活用すると5四の角の角頭を守りつつ、△7五歩から角と協力した攻めを見せて非常に相性が良い。この対策が主流となってから、角換わり棒銀の将棋は勝率を落とし激減した。

対して、腰掛け銀に対し先手が早繰り銀にすると、△5四銀~△4四歩から△4五歩など「歩越し銀には歩で対抗」の要領で銀を追い払われてしまうほかに△6五歩~△6四角や△4三銀▲3四歩△同銀など、多くの受け方がある。このため図の早繰り銀の局面のように素早い出足が必要となるが、この局面から△3五同歩▲同銀の局面について、『イメージと読みの将棋観2』(2010年、日本将棋連盟)ではまず▲7九玉と△9四歩の交換が必要としている。またこの局面では後手からすぐに△8六歩▲同歩△8五歩の継ぎ歩攻めも念頭に入れておく必要もあり、先手も以下▲2四歩△同歩▲同銀△同銀▲同飛△2三歩▲2八飛△8六歩に▲8三歩△同飛▲8四歩△同飛▲6六角で、以下△8二飛ならば▲1一角成△8七歩成▲同金△同飛成▲8八香となればよい展開であるとしている。この他に図の早繰り銀の局面では▲3五歩△同歩▲同銀に、△6五歩や△4五銀などもあり、△4五銀以下は先手が▲7九玉なら△3六銀とすると△5二金が▲6三角を消している意味もありこの手が生きる展開に、一方△6五歩であれば▲2四歩△同歩▲同銀△同銀▲同飛△2三歩▲2八飛△6四角などの展開もあるというが、いずれにせよ後手陣は手順の綾で△5二金が入っているところが飛車の横利きを消してさらに飛車が取られやすくなっていて非常にマイナスの手となっており、検討した6棋士のうち羽生善治以外は先手が指せるとみている。

その後早繰り銀側の研究も進み、2020年現在では後手腰掛け銀に対して先手の早繰り銀の採用が徐々に増えている。

対後手一手損角換わり編集

腰掛け銀に対して弱かった早繰り銀は角換わりでしばらく衰退したが、後手番一手損角換わりでは後手の手が遅れるため、通常の角換わりのようには銀を追われないと分かり、むしろ銀の足が早い早繰り銀による急戦で一手損を咎めようと棒銀と並んで対策の主流の位置を占めるに至った。居玉のまま攻めると▲3五歩△同歩▲同銀△3四歩▲2四歩△同歩▲同銀△同銀▲同飛の時に△1五角の王手飛車を受けるので、▲6八玉を入れてから攻めるのが重要(換えて▲1六歩と突き△1四歩なら早繰り銀、端を受けなかったら▲1五歩と突き越して右玉に組む作戦もある)。

後手の対策としては腰掛け銀と△8五歩を急ぎ、▲3五銀の瞬間に△8六歩▲同歩(▲同銀なら△5五角が飛車香取り)△8五歩(▲同歩なら△同飛が3五の銀取り)という筋や、飛車のコビンを角で攻めて対抗する。

相掛かり編集

相掛かりに於いては浮き飛車(2六飛型)から早繰り銀にする作戦を中原誠が得意とし、中原流早繰り銀と呼ばれている。3筋を突き捨ててから▲4六銀と上がるのが特徴。左辺への転戦も見せるなど、攻め筋が広く主導権を握りやすい。2012年現在、相掛かりでは2八飛型から棒銀にするのが主流となっておりあまり指されていないが、先手が横歩取り模様を回避して(▲3四飛と横歩を取れるのに)▲2六飛と引いた時に用いられることがある。

中飛車早繰り銀編集

△ なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲ なし
中飛車早繰り銀

図の先手側のように左銀を6八~5七~4六と繰り出す中飛車が「早繰り銀中飛車」と呼ばれ、プロ棋士では大山康晴などが愛用していた。原始中飛車と同様にここからすぐ▲5五歩とつっかけて中央突破を図るのはまれであるが、原始中飛車に比べて持久戦への対応がスムーズな面がある。

進行の一例として△4四歩▲5五歩△4三銀▲5四歩△5三歩▲同歩成△同銀▲5五歩△3三角▲2八玉△2二玉▲3八銀△3二金など。 

出典編集

  1. ^ Kawasaki, Tomohide (2013). HIDETCHI Japanese-English SHOGI Dictionary. Nekomado. p. 80. ISBN 9784905225089 

関連項目編集