メインメニューを開く

旭サンモールショッピングセンター

旭サンモールショッピングセンター(あさひサンモールショッピングセンター(英語表記:Asahi SunmallShoppingCenter)とは、千葉県旭市イ2676-1番地に位置するショッピングセンター (SC) である。

旭サンモールショッピングセンター
Asahi Sunmall Shopping Center
Asahi Sunmall Shopping Center.JPG
店舗概要
所在地 289-2511
千葉県旭市イ2676-1番地
座標 北緯35度43分29.6秒 東経140度39分32.3秒 / 北緯35.724889度 東経140.658972度 / 35.724889; 140.658972座標: 北緯35度43分29.6秒 東経140度39分32.3秒 / 北緯35.724889度 東経140.658972度 / 35.724889; 140.658972
開業日 1982年4月28日
敷地面積 21,165 m²
中核店舗 イオン旭店
店舗数 70
駐車台数 1600台
最寄駅 総武本線旭駅
最寄IC 銚子連絡道路横芝光IC
外部リンク 公式サイト
AEON w logo.svg
テンプレートを表示

概要編集

映画館を併設する大規模SCである。名称の「サンモール」とは、所在地の地名「旭(あさひ)」から「朝日」を想起することから、太陽を意味する英語の「Sun」を冠にし、SCを意味する「モール」を合わせた造語である。コンセプトは「太陽かざす明るいモール」。また、SCのキャラクターとして、明るい太陽をモチーフにした人形が設定されている。運営管理会社はパシフィカ・モールズ(東京都)である。

かつて旭市内に「扇屋ジャスコ旭南店」(衣料デパート系統、閉店済)が存在しており、当店舗は「旭サンモール店」と呼称している。

「サンモールシネマ」開業時、キャンペーンサイトでは「20年間お待たせしました」の文が表示されていた[1]。なお、かつて旭市内には「行楽館」という映画館があったが、同館が閉館した後はサンモールシネマが開業するまでの20年間、市内に映画館が存在しなかった。

沿革編集

  • 1982年4月28日 - 「扇屋ジャスコ旭サンモール店」が新規開店(旭サンモールショッピングセンターの誕生)。
  • 1999年8月21日 - 扇屋ジャスコが親会社のジャスコに吸収合併、店名から扇屋の名前を除去する。
  • 2006年11月28日 - サンモールの経営権をパシフィカ・モールズが取得。
  • 2008年4月29日 - 「サンモールシネマ」が開業。
  • 2011年3月1日 - 核店舗の屋号を、ジャスコからイオンに変更。店名も「ジャスコ旭サンモール店」から「イオン旭店」に変更。

主な店舗編集

※詳細は、公式サイトを参照。

営業時間編集

基本的には年中無休だが、営業時間が異なっている。※詳細は、公式サイトを参照。

  • イオン1F:9時 - 22時
  • イオン2F:10時 - 21時(日曜日は9時開店)
  • 専門店:10時 - 20時
  • TAITO STATION:10時 - 24時
  • サンモールシネマ:10時 - 24時

交通編集

公共交通

自家用車

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「ぬれ煎餅」食べながら映画鑑賞 千葉・旭市にシネコン誕生 - Infoseekニュース(ソースはJ-CAST、2008年4月10日付)

関連項目編集

外部サイト編集