メインメニューを開く

旭町駅(あさひまちえき)は、石川県江沼郡山中町(現、加賀市山中温泉)旭町に存在した北陸鉄道山中線加南線)のである。1971年(昭和46年)、同線の廃線に伴い廃駅となった。

目次

駅構造編集

島式ホーム1面2線の交換可能駅で、ホーム上に駅舎があった。

歴史編集

  • 1930年(昭和5年) - 温泉電軌の新長谷田駅として開業[1]。当時は貨物駅だった[1]
  • 1935年(昭和10年)7月13日 - 朝日チエン会社前駅に改称[1]
  • 1943年(昭和18年)10月13日 - 合併により北陸鉄道の駅となる。
  • 1956年(昭和31年)以降 - 旭町駅に改称[1]
  • 1957年(昭和32年)10月1日 - 旅客営業開始。
  • 1971年(昭和46年)7月11日 - 加南線全線廃止により廃駅。

隣の駅編集

北陸鉄道
山中線
新家工業前駅 - 旭町駅 - 長谷田駅

廃止後編集

線路と並行していた県道の拡幅用地とされ、歩道となっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 今尾恵介『日本鉄道旅行地図帳』6号 北信越、新潮社、2008年、p.27

関連項目編集