加賀市

日本の石川県の市

加賀市(かがし)は、石川県南西部(旧加賀国)にある福井県と接する。

かがし ウィキデータを編集
加賀市
加賀橋立にある北前船の里資料館
大聖寺流し舟と桜山中温泉の菊の湯と山中座
片山津温泉柴山潟山代温泉総湯
加賀市旗 加賀市章
加賀市旗 加賀市章
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
市町村コード 17206-5
法人番号 2000020172065 ウィキデータを編集
面積 305.87km2
総人口 60,166[編集]
推計人口、2024年2月1日)
人口密度 197人/km2
隣接自治体 小松市
福井県勝山市あわら市坂井市
市の木 マツ
市の花 ハナショウブ
他のシンボル 市の鳥:カモ
市のキャラクター:かも丸くん
加賀市役所
市長 宮元陸
所在地 922-8622
石川県加賀市大聖寺南町ニ41番地
北緯36度18分10秒 東経136度18分54秒 / 北緯36.30278度 東経136.31503度 / 36.30278; 136.31503座標: 北緯36度18分10秒 東経136度18分54秒 / 北緯36.30278度 東経136.31503度 / 36.30278; 136.31503
加賀市役所
地図
市庁舎位置
外部リンク 公式ウェブサイト

加賀市位置図

― 市 / ― 町・村

ウィキプロジェクト
左:九谷焼始祖「後藤才次郎紀功碑」
右:山中温泉九谷町の「古九谷窯址」

地理 編集

 
市役所のある大聖寺地区周辺の空中写真。1975年撮影の3枚を合成作成。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。

自然地理 編集

気候 編集

加賀中津原(1991年 - 2020年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 18.2
(64.8)
19.7
(67.5)
25.9
(78.6)
29.8
(85.6)
33.9
(93)
35.0
(95)
37.4
(99.3)
37.6
(99.7)
35.6
(96.1)
30.4
(86.7)
27.6
(81.7)
23.1
(73.6)
37.6
(99.7)
平均最高気温 °C°F 5.5
(41.9)
6.4
(43.5)
10.9
(51.6)
17.4
(63.3)
22.5
(72.5)
25.5
(77.9)
29.2
(84.6)
30.8
(87.4)
26.4
(79.5)
20.9
(69.6)
15.0
(59)
8.7
(47.7)
18.3
(64.9)
日平均気温 °C°F 1.9
(35.4)
2.2
(36)
5.5
(41.9)
11.3
(52.3)
16.4
(61.5)
20.2
(68.4)
24.3
(75.7)
25.4
(77.7)
21.2
(70.2)
15.4
(59.7)
9.8
(49.6)
4.6
(40.3)
13.2
(55.8)
平均最低気温 °C°F −0.7
(30.7)
−1.1
(30)
1.0
(33.8)
5.8
(42.4)
10.9
(51.6)
15.9
(60.6)
20.6
(69.1)
21.4
(70.5)
17.4
(63.3)
11.4
(52.5)
5.8
(42.4)
1.4
(34.5)
9.1
(48.4)
最低気温記録 °C°F −8.0
(17.6)
−7.7
(18.1)
−4.8
(23.4)
−2.3
(27.9)
1.9
(35.4)
7.4
(45.3)
13.3
(55.9)
13.6
(56.5)
7.9
(46.2)
2.0
(35.6)
−1.0
(30.2)
−5.7
(21.7)
−8.0
(17.6)
降水量 mm (inch) 375.3
(14.776)
223.2
(8.787)
221.0
(8.701)
177.9
(7.004)
179.3
(7.059)
202.5
(7.972)
296.3
(11.665)
214.6
(8.449)
275.8
(10.858)
222.2
(8.748)
286.2
(11.268)
411.3
(16.193)
3,085.5
(121.476)
降雪量 cm (inch) 192
(75.6)
159
(62.6)
48
(18.9)
1
(0.4)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
68
(26.8)
467
(183.9)
平均降水日数 (≥1.0 mm) 24.5 19.7 17.3 12.9 11.8 11.9 13.7 10.6 12.9 13.8 17.6 23.8 190.5
平均月間日照時間 52.4 74.7 125.9 177.5 199.7 139.8 152.2 196.8 133.6 134.1 101.7 58.8 1,547.1
出典1:Japan Meteorological Agency
出典2:気象庁[1]

隣接する自治体 編集

歴史 編集

人口 編集

 
加賀市と全国の年齢別人口分布(2005年) 加賀市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 加賀市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

加賀市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政 編集

かがし
加賀市
   
加賀市旗 加賀市章
廃止日 2005年(平成17年)10月1日
廃止理由 新設合併
加賀市江沼郡山中町→加賀市
現在の自治体 加賀市
廃止時点のデータ
  日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
隣接自治体 小松市、江沼郡山中町
福井県:あわら市
加賀市役所
所在地 石川県
ウィキプロジェクト

※右記は合併前の加賀市(1958年ー2005年)のデータ。

市長 編集

歴代加賀市長(1958年ー2005年)
氏名 就任 退任 備考
山下作吉 1958年(昭和33年)1月1日 1958年(昭和33年)2月8日 市長職務執行者、旧橋立町長
1 1 新家熊吉 1958年(昭和33年)2月9日 1962年(昭和37年)2月8日
2 2 矢田松太郎 1962年(昭和37年)2月9日 1966年(昭和41年)2月8日
3 3 東野喜三郎 1966年(昭和41年)2月9日 1970年(昭和45年)2月8日
4 4 山下仁三郎 1970年(昭和45年)2月9日 1972年(昭和47年)5月10日 在職中死去
5 5 中野巳之吉 1972年(昭和47年)6月25日 1976年(昭和51年)6月13日 病気のため辞職
6 6 山下力 1976年(昭和51年)6月14日 1980年(昭和55年)6月13日
7 1980年(昭和55年)6月14日 1984年(昭和59年)6月13日
8 1984年(昭和59年)6月14日 1986年(昭和61年)12月31日 任期途中で辞職
9 7 矢田松太郎 1987年(昭和62年)2月8日 1991年(平成3年)2月7日 2代目市長の子
10 1991年(平成3年)2月8日 1995年(平成7年)2月7日
11 1995年(平成7年)2月8日 1999年(平成11年)2月7日
12 8 大幸甚 1999年(平成11年)2月8日 2003年(平成15年)2月7日
13 2003年(平成15年)2月8日 2005年(平成17年)9月30日
歴代加賀市長(2005年ー)
氏名 就任 退任 備考
田中實 2005年(平成17年)10月1日 2005年(平成17年)10月29日 市長職務執行者、旧山中町長
1 1 大幸甚 2005年(平成17年)10月30日 2009年(平成21年)10月29日
2 2 寺前秀一 2009年(平成21年)10月30日 2013年(平成25年)10月29日
3 3 宮元陸 2013年(平成25年)10月30日 2017年(平成29年)10月29日
4 2017年(平成29年)10月30日 2021年(令和3年)10月29日
5 2021年(令和3年)10月30日 現職
  • 市長 - 宮元 陸

庁舎 編集

 
加賀市役所山中温泉支所(2006年8月)
加賀市役所 本庁舎
石川県加賀市大聖寺南町ニ41番地
加賀市役所 山中温泉支所
石川県加賀市山中温泉湯の出町タ33番地

デジタル技術の活用 編集

e-加賀市民 編集

大都市圏を含む他地域の住民を、加賀市でのワーケーションなどを通じて「関係人口」として取り込む「e-加賀市民」プロジェクトを進めており、国家戦略特区に認定されている[3][4]

市役所職員の出退勤管理 編集

職員の出退勤の記録・管理などをスマートフォンタブレット上から行える人事向けクラウドサービスを国内の自治体で初めて導入した[注釈 1]。職員が勤務時間を自己申告(打刻)し管理するシステムであり[6]、同システムを有効活用していくとのことである。

議会 編集

市議会 編集

石川県議会(加賀市選出) 編集

  • 定数:3名
  • 任期:2019年(令和元年)6月9日〜2023年(令和5年)6月8日
議員名 会派名 備考
向出勉 自由民主党石川県議会議員協議会
田中哲也 自由民主党石川県議会議員協議会
室谷弘幸 自由民主党石川県議会議員協議会

衆議院 編集

選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考
石川県第2区(野々市市以南) 佐々木紀 自由民主党 4 選挙区

経済 編集

産業 編集

機械製造業が発達している。山代温泉山中温泉片山津温泉といった温泉地にも恵まれており、観光業も盛んである。

主な事業所 編集

伝統工芸 編集

姉妹都市・提携都市 編集

※姉妹都市・提携都市の関係もあり市職員の有志が台湾産パイナップルを購入する活動を行っている[注釈 3][注釈 4]

地域 編集

警察 編集

  • 石川県大聖寺警察署
  • 交番
    • 山中、山代、片山津、加賀温泉駅前
  • 駐在所
    • 動橋、橋立、勅使、熊坂、塩屋、中田、篠原、柴山

消防 編集

国の行政機関 編集

医療 編集

  • 加賀市医療センター

学校教育 編集

高等学校 編集

中学校 編集

小学校 編集

特別支援学校 編集

その他 編集

文化・教育施設 編集

図書館 編集

いずれも加賀市立。2016年7月5日に福井県あわら市と連携し、県境を越えて双方の市民に図書を貸し出す事業をスタートさせた[注釈 5]

  • 中央図書館
  • 山中図書館

博物館・美術館等 編集

ホール・その他の文化施設 編集

交通 編集

鉄道 編集

 
加賀温泉駅

市の中心にある駅は大聖寺駅であるが、ほとんどの特急列車は加賀温泉駅に停車する。

かつては大聖寺駅から北陸鉄道山中線が、動橋駅から同山代線及び同片山津線が分岐していたが(これらを加南線と総称した)、全て廃止された。

2023年春に開業予定の北陸新幹線金沢駅-敦賀駅間では加賀温泉駅に新幹線駅が設置される予定。現在、在来線駅の南側で新幹線駅が建設中である。ホームは中央に通過線2線を有する2面4線の相対式ホームを設置予定。

道路 編集

バス 編集

一般路線バス
特急バス
  • 北鉄加賀バス
    • 温泉特急線(加賀ゆのさと特急)
  • 一般社団法人 加賀市観光交流機構
観光周遊バス
  • 株式会社 まちづくり加賀
    • キャンバス 山まわり
    • キャンバス 加賀小松線
    • キャンバス 海まわり
    • キャンバス 加賀越前線
    • キャンバス 小松空港
    • 運行はすべて日本海観光バスに委託。
高速バス

COVID-19の影響により運休・減便を実施している事業者・路線あり。

乗合タクシー

港湾 編集

  • 塩屋港(地方港湾)
  • 橋立漁港(第4種漁港)

観光 編集

祭り・イベント 編集

名所・旧跡 編集

保養・休憩 編集

 
片山津温泉

温泉 編集

加賀市を舞台とした作品 編集

文学
テレビドラマ
映画

出身有名人 編集

ゆかりのある人物 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 「民間サービス「jinjer(ジンジャー)」を国内の自治体で初めて導入した。」とある[5]
  2. ^ 現在は同市の西島町で営業している。[7]
  3. ^ 管理職有志の会である緑陽会幹事の財政課長の奥野俊雄は「加賀市と縁の深い台湾の人々が笑顔になるよう、これからも応援していきたい」と話した。[9]
  4. ^ 注文をまとめた消防長の市村公一は「一人でも多くの台湾の皆さんが笑顔になってほしい」と話した。[10]
  5. ^ 連携に際しての『福井新聞』の取材に対し、中央図書館館長の前野千恵子は「資料を活用して互いの市の歴史や文化に関心を深めてもらい、足を運ぶきっかけになれば」と抱負を述べた[11]

出典 編集

  1. ^ 加賀中津原 過去の気象データ検索”. 気象庁. 2024年2月24日閲覧。
  2. ^ 『愛蔵版 石川富山 昭和あのとき ストーリー編』(2014年8月5日、北國新聞社、富山新聞社発行)469頁。
  3. ^ 石川・加賀、「e-加賀市民制度」を展開Web3.0、地方創生に活用日経MJ』2022年12月16日2面(2023年1月14日閲覧)
  4. ^ e-加賀市民(2023年1月14日閲覧)
  5. ^ 笑顔で職員の心身状態把握 加賀市の新勤務管理スタート中日新聞(2021年4月2日配信)2023年1月3日閲覧
  6. ^ 勤怠管理がラクになる打刻の主な機能 同サービスの解説ページ(2023年1月3日閲覧)
  7. ^ 「8番らーめん本店」移転オープンのお知らせ 同社ニュースリリース(2016年8月8日配信)2022年5月28日閲覧
  8. ^ a b 加賀市の友好都市(海外)”. 加賀市. 2023年1月20日閲覧。
  9. ^ 「加賀市職員が台湾パイナップル購入 苦境の生産者応援」北國新聞(2022年5月28日配信)2022年5月28日閲覧
  10. ^ 「台湾産 パインで恩返し 加賀市職員有志 私費で購入」中日新聞(2021年4月29日配信)2022年5月28日閲覧
  11. ^ 「県境越え図書貸し出しスタート あわら市と加賀市の4図書館」福井新聞(2016年6月4日配信)2016年11月27日閲覧

関連項目 編集

外部リンク 編集

行政
観光
暮らし