メインメニューを開く

明宗(めいそう、1131年11月8日 - 1202年12月3日)は、第19代高麗王(在位:1170年 - 1197年)。姓は王、は晧、諡号は皇明光孝大王。妃は江陵公王温の娘、光靖王后金氏。

明宗 王晧
高麗
第19代国王
王朝 高麗
在位期間 1170年10月13日 - 1197年11月4日
姓・諱 王晧
諡号 皇明光孝大王
廟号 明宗
生年 天会9年10月17日
1131年11月8日
没年 泰和2年11月17日
1202年12月3日
仁宗
恭睿太后
后妃 光靖王后
陵墓 智陵

経歴編集

1170年、武臣の鄭仲夫が反乱を起こし(庚寅の乱)、兄である毅宗を廃したため、擁立されることとなった。しかし明宗は鄭仲夫の傀儡に過ぎず、惰弱で統治能力も無かったために、鄭仲夫の後は慶大升崔忠献らに実権を握られた。この間、明宗は武臣の暴走を止めることもできず、政治は乱れに乱れた。明宗は1197年、崔忠献によって廃され昌楽宮に幽閉され、5年後に生涯を終えた。

家族編集

  • 光靖王后金氏(毅宗妃:荘敬王后金氏の妹)
    • 康宗
    • 延禧宮主(粛懿寧仁侯王稹と結婚。成平王后の母)
    • 寿安宮主