康宗(こうそう、1152年5月10日 - 1213年8月26日)は第22代高麗王(在位:1211年 - 1213年)。姓は王、、初名は璹、諡号は浚哲文烈亶聡明憲貽謀穆清元孝大王。明宗と光靖太后の長男として生まれた。妃は李義方の娘思平王后李氏、元徳太后柳氏。

康宗 王祦
高麗
第22代国王
王朝 高麗
在位期間 1212年1月30日 - 1213年8月26日
姓・諱 王祦(初名:璹、貞)
諡号 浚哲文烈亶聡明憲貽謀穆清元孝大王
廟号 康宗
生年 天徳4年4月5日
1152年5月10日
没年 至寧元年8月9日
1213年8月26日
明宗
光靖太后
后妃 思平王后
元徳王后

子は思平王后李氏が生んだ寿寧宮主と元徳太后柳氏が生んだ高宗