星 光一(ほし こういち、1907年明治40年)9月11日[2] - 1991年平成3年)4月13日)は、日本の工学者切削工学を専門とした北海道大学教授、同名誉教授である。 旭川工業高等専門学校校長、精密工学会名誉会員[1]。「金属切削における構成刃先の研究」で東京大学工学博士[3]

星 光一
生誕1907年9月11日
福島県会津若松市
死没 (1991-04-13) 1991年4月13日(83歳没)
出身校北海道帝国大学工学部機械工学科[1]
職業北海道大学工学部教授
旭川工業高等専門学校校長

生涯編集

経歴

福島県会津若松市出身[2]会津中学[* 1]などを経て1933年(昭和8年)に北海道帝国大学を卒業。基隆炭鉱栗本鉄工所新潟鐵工所に勤務する[1]。北大に精密工学科が設置された1958年(昭和33年)[4]に教授となり、1972年(昭和47年)には名誉教授の称号を授与される。この間の1970年(昭和45年)に旭川工業高等専門学校校長に就任。1979年(昭和54年)の退官までに、同校では設備の充実が図られた[5]。学外では1960年(昭和35年)以来精密工学会の役職に就き、評議員、理事を経て昭和45年度の副会長[6][* 2]などを歴任した[1]。1977年、勲三等旭日中綬章を受章。

著書
  • 『切削技術』山海堂出版部、1943年
  • 『金属切削 構成刃先について』丸善、1960年
研究
  • 「高速平削盤の切削試験に就て」(三宮泰治らとの共著)[7]
  • 「ペナルティ曲面による工具通路の自動決定法 基礎理論と2次元凸形状問題」(嘉数侑昇沖野教郎との共著)[8]
  • 「二次元切削におけるせん断角拘束の効果 せん断角抱束切削に関する基礎的研究」(岸浪建史北大教授、秋山俊彦苫小牧高専校長との共著)[9]
  • 「特殊匁刃の応用」『マシナリー』(掲載巻19、掲載号10)
  • 「加工変質層の微視的観察」『旭川工業高等専門学校研究報文』10号
  • 「けい素鉄単結晶の切削現象--走査電子顕微鏡による観察」(小林雅晴との共著、『旭川工業高等専門学校研究報文』16号)
  • 「ロータ・ミラー切削に関する基礎的研究」(秋山俊彦との共著、『旭川工業高等専門学校研究報文』16号)
  • 「切りくず処理に関する研究」[10]
  • 「特殊構成刃先の強制附与にする工具の切削性能改良に関する研究」[10]
  • 「スナッキング研削の幾何学的解析」(横内弘宇室蘭工大教授との共著)[11]
  • 「弾性砥石による表面仕上げに関する研究」(斎藤勝政北大教授らとの共著)[11]
  • 「接触面積拘束工具の切削性の研究」(臼井英治東工大教授らとの共著、『精密機械』)
  1. 通常構成刃先と拘束工具の構成刃先について
  2. 各種拘束工具の切削抵抗と切りくず形態
  3. 炭素鋼の連続切削における摩耗特性と工具寿命
  4. 炭素鋼の断続切削における摩耗特性と工具寿命
  • その他

脚注編集

注釈
  1. ^ 31回生で柏村信雄星冬四郎が同級生である。
  2. ^ 会長は谷口紀男、副会長に奥島啓弐など。
出典
  1. ^ a b c d 「故名誉会員 工学博士星光一先生」
  2. ^ a b 『現代物故者事典1991~1993』(日外アソシエーツ、1994年)p.528
  3. ^ 星光一 金属切削における構成刃先の研究”. 国立国会図書館サーチ. 2014年9月10日閲覧。
  4. ^ 歴史 沿革”. 北海道大学大学院情報科学研究科. 2014年9月17日閲覧。
  5. ^ 学校案内”. 旭川工業高等専門学校. 2014年9月19日閲覧。
  6. ^ 歴代会長・副会長”. 公益社団法人 精密工学会. 2014年9月17日閲覧。
  7. ^ 高速平削盤の切削試験に就て”. 国立国会図書館サーチ. 2014年9月10日閲覧。
  8. ^ ペナルティ曲面による工具通路の自動決定法 基礎理論と2次元凸形状問題”. 国立国会図書館サーチ. 2014年9月10日閲覧。
  9. ^ 二次元切削におけるせん断角拘束の効果:せん断角抱束切削に関する基礎的研究”. 国立国会図書館サーチ. 2014年9月10日閲覧。
  10. ^ a b 科学研究費助成事業データベース”. 国立情報科学研究所. 2014年9月19日閲覧。
  11. ^ a b 北海道大学学術成果コレクション”. 北海道大学. 2014年9月19日閲覧。

参考文献編集

  • 臼井英治「故名誉会員 工学博士星光一先生」『精密工学会誌』(掲載巻57掲載号6 - 臼井は星逝去時の精密工学会会長)