映写技師は見ていた

映写技師は見ていた』(えいしゃぎしはみていた、The Inner Circle)は、1991年制作のアメリカ映画。監督はアンドレイ・コンチャロフスキー。原題は“同志”という意味。

映写技師は見ていた
The Inner Circle
監督 アンドレイ・コンチャロフスキー
脚本 アンドレイ・コンチャロフスキー
アナトーリ・ユソフ
出演者 トム・ハルス
ロリータ・ダヴィドヴィッチ
音楽 エドゥアルド・アルテミエフ
撮影 エンニオ・グァルニエリ
編集 ヘンリー・リチャードソン
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年12月25日
日本の旗 1992年10月31日
上映時間 137分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ロシアの旗 ロシア
イタリアの旗 イタリア
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $583,979[1]
テンプレートを表示

この映画は、ヨシフ・スターリンの私的な映写技師にしてKGB将校でもあったアレクサンドル・ガンシンを中心にしてスターリン時代のソ連を描いている。物語は1939年から始まり、スターリンの死んだ1953年で幕を閉じる。

なお、この映画はアメリカのほかにロシアイタリアも製作に関わっており、登場人物の殆どはロシア人ながら、作中の言語は英語になっている。

第42回ベルリン国際映画祭でノミネートを受けた。

キャスト編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集