春の踊り』 -南蛮花更紗-(はるのおどり なんばんはなさらさ)は宝塚歌劇団舞台作品。月組公演[1]

形式名は「グランド・レビュー[1]」。18場[1]

1983年3月25日から5月10日まで宝塚大劇場で公演された[1]

併演作品は『ムーンライト・ロマンス[1]』。

解説編集

慶長南蛮屏風、長崎風俗などをテーマにした春の踊り[1]

長崎出島周辺を舞台に、踏絵島原の乱などのエピソードを綴り合わせた南蛮色豊かなレビュー作品[1]

宝塚歌劇団69期生の初舞台公演[2]

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]

参考文献編集

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0