春日潜庵

春日讃岐守(『高名像伝 : 近世遺勲. 天』)

春日 潜庵(かすが せんあん、1811年9月20日(文化8年8月3日)- 1878年明治11年)3月23日[1])は、日本幕末から明治初期の地下人儒学者政治家。第一次奈良県知事。初名・仲好、名・仲襄、雅号・潜庵[1]

目次

経歴編集

山城国京都烏丸通一条上ル[2](現京都市上京区)で、久我家諸大夫・春日越前守仲恭の息子として生まれる[1]内大臣久我通明久我建通に仕え、讃岐守となる[1]朱子学を修め、さらに陽明学を修めた。安政4年(1857年)頃から梁川星巌西郷隆盛らと国事に奔走[2]。そのため安政の大獄に座し永押込に処せられた。文久2年11月1862年12月-1863年1月)和宮降嫁後に特赦を受けた[1]

明治維新後、慶応4年2月1868年)、久我通久大和国鎮撫総督に任じられるとその参謀となった[1]奈良県が設置されると、同年5月19日7月8日)初代知事に就任。同年7月24日9月10日)に知事を辞し退官[3]。 その後は学を講じた[1]

門人編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『明治維新人名辞典』269-270頁。
  2. ^ a b 『幕末維新大人名事典』上巻、367頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』104頁。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。
  • 安岡昭男編『幕末維新大人名事典』上巻、新人物往来社、2010年。
  • 大植四郎編『明治過去帳』新訂初版、東京美術、1971年(原著私家版1935年)。