メインメニューを開く

春陽会(しゅんようかい)は、1922年(大正11年)1月14日に設立された[1]在野の洋画団体の一般社団法人である。

目次

創立編集

院展の日本画部と対立、脱退した洋画部同人を中心に創立された。創立時のメンバーは、足立源一郎倉田白羊小杉放庵山本鼎森田恒友長谷川昇ら6人の日本美術院洋画部系の画家と、草土社系の岸田劉生木村荘八中川一政、そのほか萬鉄五郎石井鶴三梅原龍三郎らだった。その後、梅原と岸田は脱会し、河野通勢岡本一平らが参加。

特徴編集

東洋画風の手法や発想に立つ画風を有し、特定の主張をせず、前衛的作品が多い。

備考編集

設立された1922年の翌年以降、例年春に展覧会を開催する。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集