石井鶴三

石井鶴三
芸術新潮 1961年4月号)

石井 鶴三(いしい つるぞう、1887年明治20年)6月5日 - 1973年昭和48年)3月17日)は、日本彫刻家版画家洋画家[1]

目次

略伝編集

画家石井鼎湖の三男、石井柏亭の弟として東京府下谷区仲御徒士町(現・台東区上野)に生まれる[1][2]。洋画を不同舎にて小山正太郎に、加藤景雲に木彫を学び[1]、1905年創刊の雑誌『平旦』にウィリアム・ニコルソンの作品を模倣した自画自刻による木版画『虎』を掲載した。1910年に彫刻を学んで東京美術学校卒、1911年文展で「荒川岳」が入賞、1915年日本美術院研究所に入る。再興院展に「力士」を出品、二科展に「縊死者」を出し、1916年「行路病者」で二科賞を受賞、明治の末年から山本鼎と交流を深め、創作版画の先駆者として知られるようになり、1918年、日本創作版画協会を結成、1919年、木版画『日本風景版画集』第9集(東京近郊)を、1920年、木版画『日本風景版画集』第10集(日本アルプス)を刊行した。以降、日本版画協会の会長、理事長を務めている。1921年日本水彩画会員。1924年日本創作版画協会と春陽会会員となる。中里介山大菩薩峠』や吉川英治宮本武蔵』の挿絵でも知られ、1944年東京美術学校教授。1950年日本芸術院会員、1961年日本美術院彫塑部を解散、1963年東京芸術大学名誉教授、1967年勲三等旭日中綬章受章、1969年相撲博物館館長。享年87。墓所は護国寺共同墓地九通の石井氏墓、法号なし。

1925年(大正14年)、平櫛田中の子供が亡くなったとき葬儀も出せずにいた時に、新聞社の挿絵代金を封を切らずに平櫛に渡した。鶴三の芸術家の一面を示す有名な話である。

文業も多く、全集12巻、書簡集、日記などが刊行されている。長野県上田市にある小県上田教育会館の2階には、個人美術館である石井鶴三美術資料室がある。

 
石井鶴三美術資料室(長野県上田市 小県上田教育会館2階)

作品編集

  • 『日本風景版画 第九集 東京近郊之部』 「大森」 木版画 日本風景版画会版、伊上凡骨彫、1919年
  • 「湖上」 木版画 大正11年
  • 「山精」 木版画 昭和45年

著書・画集編集

  • 石井鶴三素描集 光大社 1930
  • 石井鶴三插絵集 第1巻 光大社 1934
  • 凸凹のおばけ 光大社 1938
  • 石井鶴三文集 1-2 形象社 1978
  • 石井鶴三版画集 形象社 1978
  • 山精 石井鶴三資料集 形象社 1983
  • 吉川英治『宮本武蔵』插絵名作集 矢野橋村 六興出版 1984
  • 石井鶴三全集 全12巻別巻2巻 形象社 1986-89
  • 石井鶴三素描集 全3巻 形文社 1992-93
  • 美術家修行 版画は最も民衆的の芸術 形文社 1994
  • 石井鶴三のすべて 毎日新聞社 1994
  • 石井鶴三書簡集 1-3 形文社 1996-99
  • 石井鶴三日記 1-5 形文社 2005

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集