メインメニューを開く

時をかける少女 (曲)

原田知世のシングル

時をかける少女」(ときをかけるしょうじょ)は、1983年4月21日にリリースされた原田知世の3枚目のシングルである。オリジナル7インチシングル盤・規格品番:7A0275。

時をかける少女
原田知世シングル
初出アルバム『時をかける少女 オリジナル・サウンドトラック
A面 時をかける少女
B面 ずっとそばに
リリース
規格 7インチシングル盤
ジャンル アイドル歌謡曲
時間
レーベル キャニオン・レコード
作詞・作曲 松任谷由実
チャート最高順位
原田知世 シングル 年表
ときめきのアクシデント
(1982年)
時をかける少女
(1983年)
ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ
(1983年)
テンプレートを表示

目次

解説編集

シングル編集

表題曲は原田が主演した同年公開の映画『時をかける少女』の主題歌である。映画本編後のエンディングテーマとして使用され、劇中シーンの撮影現場をつないだミュージカル風の映像とともに原田が歌う。

初回プレス版は、レコードジャケットラベンダーの香りがついていた。なお、初回版と通常版ではレコードジャケットが違っている。

オリコンチャートの登場週数は26週、チャート最高順位は週間2位、累計58.7万枚のセールスを記録した[1]。小説『時をかける少女』を原作とする映像作品の主題歌の中では、33年後(2016年8月31日)にAKB48LOVE TRIP」が初日の110.0万枚[4]で本作を上回るまで、長い間最大のセールスを記録していた。

シングル版はオリジナルアルバムには収録されていないが、『時をかける少女 オリジナル・サウンドトラック』(1983年7月7日)を初め、多くのベストアルバムオムニバスアルバムに収録されている。

レコード・コレクターズ』(2014年11月号)の特集「80年代女性アイドル・ソング・ベスト100」で1位になった[5]

A・B面曲共に作詞・作曲を松任谷由実が手掛けている。松任谷が「松任谷由実」名義で発表した作品の大部分は出版者雲母音楽出版(©KIRARA MUSIC PUBLISHER)で登録されているが、本作の出版者は2018年現在角川メディアハウス(©KADOKAWA MEDIA HOUSE INC.)としてJASRACに登録されている[6]

B面曲「ずっとそばに」の詞の中にも『時をかけてゆくわ』と云うフレーズが出てくる。

別バージョン編集

3つの別アレンジがある。4つとも(シングル版含め)それぞれレコード会社が異なる。

原田はデビュー間もない頃の自分の歌声がしっかりと耳に残っていたため、大人になるにつれ歌うことに違和感を覚え、歌い方が分からなくなったという[7]。1990年「ヒットパレード'90s」での歌唱以降、長らくこの歌を歌わなくなったが、デビュー25周年となる2007年11月に発売されたアルバム『music & me』において、アコースティックギターの伴奏でボサノヴァ風に仕立てた編曲で再びセルフカヴァーを行った。それ以来、ライブでも自然に歌うようになり、2017年の35周年記念アルバム『音楽と私』でも弦楽器を加えた再アレンジを行った[8]

収録曲編集

  1. 時をかける少女 (3分49秒)
  2. ずっとそばに (4分38秒)
    • 作詞:松任谷由実/作曲:松任谷由実/編曲:松任谷正隆

別バージョン編集

リアレンジ編集

カバー編集

派生楽曲編集

脚注編集

  1. ^ a b 『オリコン・シングル・チャートブック(完全版):1968 - 2010』オリコン・エンタテインメント、2012年2月、612頁。ISBN 978-4-87131-088-8
  2. ^ 山田修爾『ザ・ベストテン』ソニー・マガジンズ、2008年、311頁。ISBN 978-4-78-973372-4
  3. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.38.
  4. ^ オリコンデイリー CDシングルランキング 2016年08月30日付”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年8月30日). 2016年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月31日閲覧。
  5. ^ 「80年代女性アイドル・ソング・ベスト100」『レコード・コレクターズ』2014年(平成26年)11月号、ミュージックマガジン、2014年、 34頁。
  6. ^ 作品データベース検索サービス J-WID 検索結果
  7. ^ “原田知世が今だから語る代表曲「時をかける少女」をめぐる真実”. 産経ニュース (産経新聞社): p. 2. (2017年7月1日). https://www.sankei.com/premium/news/170701/prm1707010016-n2.html 2018年9月14日閲覧。 
  8. ^ “原田知世が今だから語る代表曲「時をかける少女」をめぐる真実”. 産経ニュース (産経新聞社): p. 3. (2017年7月1日). https://www.sankei.com/premium/news/170701/prm1707010016-n3.html 2018年9月14日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集