メインメニューを開く

山田 修爾(やまだ しゅうじ、1945年9月10日[3] - 2013年8月28日)は、日本演出家[4][5]プロデューサー[6][4]。愛称は「修爾さん[7]」、「マムシ[注釈 1]」。

やまだ しゅうじ
山田 修爾
プロフィール
愛称 修爾さん
出身地 日本の旗 日本 東京都渋谷区
生年月日 1945年9月10日
没年月日 (2013-08-28) 2013年8月28日(67歳没)
最終学歴 慶應義塾大学法学部政治学科
所属事務所 キャスト・プラス
職歴 TBSアナウンサー
TBSラジオディレクター
TBSテレビディレクター・プロデューサー
TBS制作局制作二部副部長
TBS制作局制作二部部長
TBS制作局制作二部専門職部長兼ラジオ編成制作局制作部専門職部長
TBSスポーツ局番組制作部長
TBS編成局HDソフト部長
TBSデジタル番組推進部長
TBS編成局アナウンス部長
TBS経営企画局担当局次長
1969年 - 2005年
演出家プロデューサー
クリエイティブ・メディア・エージェンシー常務取締役
クリエイティブ・メディア・エージェンシー→キャスト・プラス代表取締役社長
キャスト・プラス取締役相談役
活動期間 1969年 - ?
2001年 - 2005年[1]
ジャンル 各種番組
配偶者 あり[2]
出演番組・活動
出演経歴 一覧を参照
備考
ラジオ局・制作局・スポーツ局等と異動を重ねた後、2001年6月に編成局アナウンス部長に。2005年6月に経営企画局に異動、再びアナウンス部を離れる。TBSを退職後は、演出家、プロデューサーとして活動する他、後進指導、テレビ番組監修も行う。

東京都渋谷区出身[9]。1969年4月、TBSに入社。アナウンサー、ラジオ制作を経て『ザ・ベストテン』、『輝く!日本レコード大賞』を企画・演出等、TBS音楽番組の中心的存在として活躍した人物でもある[10]。2005年9月にTBSを定年退職後は、TBSグループのキャスト・プラス(クリエイティブ・メディア・エージェンシー)に移り常務取締役→代表取締役社長(2008年)→取締役相談役(2013年)を歴任、演出・プロデュース活動も行う。

清廉潔白であり、曲がった事が大嫌いで、えらく真面目で几帳面な部分があり、銀行の総務課や経理課の様な人物だったという[11][12][13][14][15][16]

目次

来歴編集

1965年4月、一浪により慶應義塾大学法学部政治学科[17][18]入学。

1969年3月に卒業後、4月にTBS[注釈 2]へ入社[19][20]、放送界入り。

2005年9月30日、TBSを定年退職[21]。同年10月1日クリエイティブ・メディア・エージェンシー常務取締役へ就任。2008年7月、同社代表取締役社長に昇格(その間、2010年キャスト・プラスへ社名変更)。2013年7月、社長を退き、取締役相談役に。

2013年8月28日、特発性間質性肺炎のため死去[22][23][24][25][26][21][27]享年67。

人物編集

出生から大学まで編集

代々木西原生まれ。ラジオで育ち、夕食後の家族団らんは六畳の居間にラジオを囲んで、落語クイズをよく聴いて、落語は覚えてしまうくらいだったという。学校放送では春・夏・冬休みのほうが大好きであり、中でも『マイクさんこんにちは』が大好きだった。『笛吹童子』に『ヤン坊ニン坊トン坊』での黒柳徹子の小猿のトン坊はかわいかったと評価していた。山田にとってラジオとは「想像の世界をよりかき立ててくれる最高の玉手箱だった。」という。ステレオ実験放送では、兄弟先を争って中心の位置を取り合ったが、これがステレオ立体音なのか!?よくわからなかったという。『こども音楽コンクール』に出場した事があり、放送当日は家族が顔をつきあわせて聴いたという。主催は後に入社するTBSであったが、この局に入社するとは思わなかったが、いつも家族の真ん中にラジオがあった時代は決して派手ではないが実のある平穏でいい時代だったような気がすると振り返っている。小学校高学年の頃には、テレビが話題になってきたときに好きだった番組は『デン助劇場』『ひょっこりひょうたん島』『シャボン玉ホリデー』『ピンク・ムード・ショー』。『デン助劇場』では大宮デン助の気っぷが良くて人情家、早とちりでいつも大混乱、ハゲ頭にドロボーひげ、いつも首を振っているところが大好きとなりサインまでもらったことがある。山田にとってテレビとは「娯楽を与えてくれる最高の玉手箱」だったという。大病により小学校6年生の2・3学期を全休する。[28]

渋谷区立代々木中学校ではブラスバンド部所属、トランペット[注釈 3]を担当[29]

浪人中に見た東京オリンピック開会式の生中継を機に、テレビ最全盛の世の中となってきて、娯楽、文化、スポーツ、政治、すべてはテレビなしでは語れなくなってきて、頭の中の一部になり、幼少の頃からラジオやテレビが大好きだったため小学校の時に好きだった学校放送もいい、『シャボン玉ホリデー』みたいな楽しいものもいいと、就職先を放送局に選択する[30]

TBS時代編集

テレビ制作を志望していた為[31]、入社時の『TBS社報』には「みんなが行ってみたいと思っている所、国内外問わず行ってそこから生中継で、その土地の良さを紹介するような番組を作ってみたい」と綴っている[32]

アナウンス部に配属されアナウンサー第14期生として[注釈 4]放送界にデビューする(同期には石原俊爾稲生二平木脇豊杉崎一雄田中啓生田中良紹[19][20])。総合系[34]アナウンサー[35]として各種番組に出演、報道記者[18]、ナレーション等を担当後[36]、ラジオ局第二制作部に異動[37]、ディレクターに転身する。『キンキン・ケンケンのそれ行け歌謡曲』「ミュージックキャラバン」等を担当する。 制作局制作部[38]に異動し『TBS歌えファンファーレ』を手始めに[31]、以降、『火曜歌謡ビッグマッチ』、『トップスターショー・歌ある限り』、『輝く!日本レコード大賞』、『山口百恵さよならコンサート』、『キラリ・熱熱CLUB』、『音楽派トゥギャザー』、『アイラブバンド』等数多くのバラエティ・音楽番組を担当[39]

TBSではドラマや報道では盤石の強さを誇っていたが、ゴールデンタイムの音楽番組では苦戦し、山田が担当していた火曜20時枠も次々と打ち切りの憂き目に遭いドラマ制作へ。再び音楽班に戻り『トップスターショー・歌ある限り』を担当する。[40]

制作局演出部の時[41]、1978年1月から1989年9月には音楽番組の歴史を変えた『ザ・ベストテン』を企画・演出。独自集計のランキングや生中継などのアイデアを考え[42]、画期的な演出で人気番組に育て[22]第1回から最終回まで全ての放送分に関わった唯一の社員スタッフであり[43]『ザ・ベストテン』の生みの親と呼ばれていた[44][45][46][5][47][48][32]

飛行機が好きで[49]得点ボードを羽田空港のフライトボードを参考にして特注したり[50]、とても冒険が好きで[51]、番組名物でもある兵庫・姫路駅の新幹線のホームから生中継するなどの斬新な演出[52]、異例の斬新[32]で明るくて華やかで、毎週贅沢で奇抜なスタジオセットでの生放送。出演歌手に何もない所にスポットライトを当ててくれてから、陽の当たる芸能の道を歩くようになれたり[53]、結構な無理難題を要求されたが、それに応えるのが快感だったり[54][55]、演出もこだわりがあって妥協を許さず[5]、歌と全く無関係であり、意味不明であり、謎のダンサーを歌手の周りに配置する「山田演出」が大きな話題を呼び[55][56]、歴史に残る番組を手掛け[57]、出演者の特徴を見極め、執念と情熱を出した結果の番組であり[58][59]、一時代を築いた[18]。山田自身は「何千万の人を一瞬だけど笑顔にする。そのために働くんだ。」と周囲に語っていて[2]、「移動中の生放送出演は何よりリアリティを証明できる。今思うとよく撮影が許可されたものだ。旬の歌手が勢いよく成長していく時期を共有できたのが何より幸せ。[60]歌詞や曲の世界観を元に毎週産みの苦しみでセットや演出を考え抜いた。作り手側の強いイメージを真摯に説明することで歌手からもアイディアをもらった。誰もが時間と知恵を惜しみなく注ぎ込んだ番組だった。」と回想している[61]。追っかけマンの松宮一彦には『ザ・ベストテン』以降も音楽番組のキャスティング相談もしていた[62]。司会者の黒柳徹子とアシスタントディレクターの阿部龍二郎は山田の事を「木曜日は、台風の中にいるみたいだった」としている[63][64]

『ザ・ベストテン』終了後は、制作局演出二部[65]、制作局制作二部[8]の副部長[66]→部長を経て、制作局制作二部専門職部長兼ラジオ編成制作局制作部専門職部長(1993年2月25日)[67]、スポーツ局スポーツ番組センター制作担当部長(1995年7月5日)[68]、編成局HDソフト部長[69](1999年6月11日[70])、デジタル番組推進部長(組織変更、2000年12月1日)[71]、編成局アナウンス部長(2001年6月4日 - 2005年6月22日。文献によってはアナウンス部長・副理事と記述あり[3][18][72]、経営企画局担当局次長(2005年6月23日)[73]を歴任した。面倒見が良く、年に一度の『ザ・ベストテン』復活特番『同窓会』『復活版』のディレクター・プロデューサーも担当[44][31]

スポーツ局スポーツ番組センター制作担当部長としては長野冬季五輪閉会式、バレーボール世界選手権開会式[74]等の演出を担当。

編成局アナウンス部長としては小島慶子[75]堀井美香[76]久保田智子[77]竹内香苗[78]等多数の後輩アナウンサーを育成する。

2005年9月27日、同月末でTBSを定年退職することを記念した謝恩パーティーがキャピトル東急ホテルで開かれ、黒柳徹子、関係者などが一堂に会した[79]

TBS定年退職日となった2005年9月30日、直系の弟子にあたる同局プロデューサーの阿部龍二郎が自身の番組『中居正広の金曜日のスマたちへ』(以下、『金スマ』)で送別記念企画として制作した「波瀾万丈スペシャル『ザ・ベストテン』の真相」が放送され[80]反響を呼んだ[56][81]

TBS定年退職後編集

クリエイティブ・メディア・エージェンシー→キャスト・プラスに移り、音楽ユニット・テノール宇田松ライブ制作[82]、ミュージカル制作[4]等、演出・プロデュース活動も行う一方で、人の良いところを見つけるのが得意であり[83]、惜しみ無き愛情を注いでくれたり[84]、いつも言葉に温かみがあり、目が笑う優しい表情の人柄を表しているが、時には厳しく叱ってくれたり、公私と共に悩んでいるアナウンサーらの良き相談相手をすぐに務めたり[7]、目の奥の鋭さでどこかを走っているように[85]、笑顔やユーモアにとても皆を励まして[86]、常務取締役、代表取締役社長、取締役相談役を歴任し、クリエイティブ・メディア・エージェンシー→キャスト・プラス及びTBSニュースバード各キャスターオーディション審査[87][7]、タレント育成、人材発掘、テレビ番組監修も行う。

内外を問わずどこでも「修爾さん!」と、親しまれて、尊敬されて、愛されていたという[7]

最期編集

SEMPO -日本のシンドラー 杉原千畝物語-』(以下、『SEMPO』)2008年の初演成功から5年との間に脚本変更からキャスティング、告知等、再演に向けて精力的に動いていたり、[88]2013年3月には雑誌『昭和40年男』Vol.19取材中に何度か咳き込みながらインタビューをしていたり[89][90]、5月にはCS TBSチャンネル監修番組『タマネギ頭〜徹子さん初体験バラエティー〜 久米宏とゴールデンコンビ復活』の収録にも来ていたりしていたが[91][92]、7月末に入院[88]8月18日に病室に『SEMPO』の台本を送ってほしいと[88]8月24日には『SEMPO』の稽古場におにぎりの差し入れをしていたりと[93]、『SEMPO』に対する思いやプロデュース活動に関する意欲は変わらなかったが[88]、8月28日12時2分、東京都内の病院で死去[21]。ストレスが影響していたとされている[94]。『SEMPO』2013年版記者発表中に急逝したとの連絡が入り、これがプロデューサーとしての遺作で最後の作品となる(公演初日[95]が山田の誕生日でもある)[96][97][98][99]。山田の死は夜になると『SEMPO』出演者・スタッフ全員の言葉を失ってしまったという[88]

その2日後の2013年8月30日に放送された『金スマ』では、エンディング後に退職日と2010年3月5日放送の「金スマ波瀾万丈スペシャル 近藤真彦 前編」のVTR[100]を一部放送して追悼テロップと共に哀悼の意が表される[81]。さらに2013年9月27日放送の『金スマスペシャル』で“ザ・ベストテンの真実”と題した特集が放送され、『ザ・ベストテン』で長年司会を務めた久米宏と黒柳徹子がゲスト出演、その中で久米は『ザ・ベストテン』司会の降板に際し、他局で新たな報道番組(後の『ニュースステーション』)のキャスターを務める事を、報道が先行する中、真意を直接打ち明けないまま番組を去ることになってしまい、その事に関して山田に謝罪していなかったと告白した[101]

戒名は、「創見院篤誉修慧居士」(そうけんいんとくよしゅうえこじ)[102][103][58][59]。墓所は青山霊園[104]

交友関係編集

女優の吉永小百合は小・中・高校の1年先輩。歌手の荒木一郎は友人。ブラスバンド部の後輩等にはジャニーズがいたため、代々木西原の町は"芸能人"が生まれるところみたいだと随想していた[28]

黒柳徹子とは、『火曜歌謡ビッグマッチ』司会で山田と初めて組む[105]。『ザ・ベストテン』司会以来、公私共に信頼関係を結ぶ[106]。それ以降、『音楽派トゥギャザー』『輝く!日本レコード大賞』(第19,33-34回)『ドリーム・プレス社』『キズナ食堂』『スパモク!! THEテッパン』『タマネギ頭』でも組んでいる。黒柳の誕生会を開く際には阿部龍二郎、放送作家の野村正浩らと共に何人かで現れ、毎年には必ず、黒柳に花をくれたりもしていた。[107][108]

中森明菜とは、デビュー当時から『ザ・ベストテン』に出演、家族ぐるみでの付き合いがある[109][44][110][111][112][113]

松田聖子はデビュー当時から『ザ・ベストテン』に出演していた。山田が毎年松田のコンサートを見に行っていた。内、2002年ではTBSが放送権を所有していた最初の収録会場のさいたまアリーナで、松田の娘・神田沙也加(当時・SAYAKA)が登場した際には、「親でもないのに、しょうがなくとも涙が出てしまった。」と回想している[114]

監修テレビ番組『タマネギ頭』に出演したクリス松村は、山田と音楽談義にやり取りをしていたり、『タマネギ頭』収録の合間には山田に『ザ・ベストテン』や歌について質問すると丁寧に答えてくれたといい、また、「『ザ・ベストテン』全放送を収めたDVD全集を出して欲しい!」と、クリスの無茶苦茶なリクエストにも山田はそれを答えてくれたという[115][116][117][118]

活動リスト編集

番組編集

出演番組編集

制作テレビ番組編集

※特記ない限り、TBSテレビのもの。

監修テレビ番組編集

制作ラジオ番組編集

※特記ない限り、TBSラジオのもの。

舞台作品編集

映像作品編集

ビブリオグラフィ編集

著書編集

2012年には、新潮文庫からも刊行(上記単行本の内容に「文庫版あとがき」を追加。ISBN 978-4-10-136341-7

雑誌記事編集

インタビュー
  • 「エンタテインメンツ スポットバック 山田修爾さん 「ザ・ベストテン」でヒット順位を決めるTBS制作局演出部」『週刊朝日』第83巻第42号、朝日新聞社、1978年9月22日、 45頁。
  • 山田修爾 (1992年5月号). 特集『歌謡曲の神話 ベストテン時代へのレクイエム』 証言 「ザ・ベストテン」TBSテレビ 元チーフ・ディレクター. インタビュアー:STUDIO VOICE. STUDIO VOICE Vol.197, INFASウェーブ.. オリジナルの2014年12月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141205060258/http://studiovoice.jp/?p=40154 2015年5月18日閲覧。 
  • 山田修爾「VIEWS-INTER-VIEWS テーマ特集 なぜTVから歌番組が消えたのか 今こそ、もう一度歌番組を作ってみようと考えている」『VIEWS』第3巻第9号、1993年5月12日、 57頁。
  • 山田修爾 (2006年2月10日). TV・オブ・ザ・イヤー2005 各アワード受賞番組スタッフ&キーマンインタビュー 「ザ・ベストテン」元プロデューサー. インタビュアー:井上佳子. Quick Japan Vol.64, 太田出版. 
  • 鈴木健司「interview 山田修爾 "異端"を目指し、自由奔放な発想が生んだ伝説の音楽番組」『調査情報』NO.487、TBSメディア総合研究所、2009年1 - 2月号、 NAID 40016543896[142]
  • 山田修爾 (2009年2月13日). 週刊図書館 ひと. インタビュアー:横田由美子. 週刊朝日, 朝日新聞出版. 
  • 山田修爾 (2012年1月号). 年末年始に読みたい新潮文庫の新刊『ザ・ベストテン』【インタビュー】いつまでもあの感動を. インタビュアー:波. 波, 新潮社.. オリジナルの2013年10月30日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20131030045050/http://www.shinchosha.co.jp/shinkan/nami/shoseki/136341.html 2016年7月16日閲覧。 
  • 濱口英樹「連載特集 夢、あふれていた俺たちの時代。 『ザ・ベストテン』放送開始 木曜9時は歌謡曲にクギ付け!」『昭和40年男』第2巻第3号、クレタパブリシング、2013年5月11日。
連載
  • 日刊ゲンダイ「今だから明かすザ・ベストテン秘話」(2010年、日刊現代)
対談
討論
  • 久保嶋教生、山田修爾、井口文雄、平岡正明「<特集>テレビの創る世界 “ザ・ベストテン” の場合 パネルディスカッション 日本文化の最表層 “テレビ歌謡曲”」『放送批評』No.173、放送批評懇談会発行、1983年11月号。[143]
関連記事

関連項目編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ しつこさとねばりから細部までこだわり抜く演出で業界内でこう呼ばれていた事から[8][2]
  2. ^ 会社法人としては現在の東京放送ホールディングス(TBSHD)。放送局としては現在のTBSテレビTBSラジオ
  3. ^ 山田が学校から貸与された古いトランペットを使っているのを見かねた、兄の友人だった「“おとや”ちゃん」が、新しいトランペットを貸してくれたという。その後「“おとや”ちゃん」は17歳でこの世を去ったが、遺族からの「使ってもらいたい」という言葉もあり、そのトランペットはそのまま形見になったという。[29]
  4. ^ TBSは1969年4月入社のアナウンサーについては一般職として採用後、アナウンサーとして養成していた[19][20][33]
  5. ^ 『ザ・ベストテン』放送開始当初はディレクターだったが、1981年からはプロデューサーも兼務[125]

出典編集

  1. ^ オールアナウンサー大同窓会」『TBS社報』No.701、TBS、2002年4月号、 2頁。“現役組は、山田修爾アナウンス部長。入社時、アナウンス部に籍を置いていたことを知る人は少なくなりましたが、50年の歴史を意識しながら、当時の社会的な出来事を織り交ぜての熱演となりました。”
  2. ^ a b c “追悼抄=遺品の思い出 山田修爾さんのラジオ”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 11. (2013年12月14日) 
  3. ^ a b 『日本著者名・人名典拠録 に〜わ』3、日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2002年7月25日、新訂増補、1462頁。ISBN 4-8169-1715-2
  4. ^ a b c 安倍寧 (2013年9月27日). “ミュージカル『SEMPO』は山田修爾さんの忘れ形見”. 安倍寧オフィシャルブログ「好奇心をポケットに入れて」Powered by Ameba. サイバーエージェント. 2014年5月22日閲覧。
  5. ^ a b c みのもんたの朝ズバッ! 2013/09/03(火)放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月16日閲覧。
  6. ^ みのもんたの朝ズバッ! 2013/09/04(水)放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月16日閲覧。
  7. ^ a b c d 深津瑠美 (2013年9月3日). “修爾さん、ありがとう。”. 深津瑠美 オフィシャルブログ Powered by Ameba. サイバーエージェント. 2014年5月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月16日閲覧。
  8. ^ a b 「allTBS 紳士・淑女録 第8回「制作局の巻」 ●制作二部」『TBS社報』、TBS、1992年4月16日、 36頁。“シツコサとネバリで、業界ではマムシの異名を持つ山田修爾。その姿を見ると気の弱いマネージャーなどコソコソ隠れる者もいる程だが、意外、ロシアでは一番の人気者でモテまくったとか。”
  9. ^ 山田修爾 2008, p. 195, §6.
  10. ^ 山田修爾さん 出演番組のお知らせ”. TBS CS[TBSチャンネル]. TBS (2013年8月29日). 2014年4月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月8日閲覧。
  11. ^ “「ベストテン」生みの親、山田氏通夜”. デイリースポーツ. (2013年9月2日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/09/02/0006303905.shtml 2013年10月12日閲覧。 
  12. ^ “黒柳徹子 山田修爾さん告別式で涙の弔辞”. サンケイスポーツ. (2013年9月3日). オリジナルの2013年10月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131014132811/http://www.sanspo.com/geino/news/20130903/oth13090319580031-n1.html 2013年10月12日閲覧。 
  13. ^ “黒柳徹子が涙、山田修爾さんとの出会い「宝物」”. サンケイスポーツ. (2013年9月4日). オリジナルの2013年10月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131014133504/http://www.sanspo.com/geino/news/20130904/oth13090405010005-n1.html 2013年10月12日閲覧。 
  14. ^ “「ザ・ベストテン」山田プロデューサー告別式 黒柳、吉川が弔辞”. スポーツニッポン. (2013年9月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/09/04/kiji/K20130904006545760.html 2013年10月12日閲覧。 
  15. ^ “「ベストテン」ランク操作なし黒柳証言”. デイリースポーツ. (2013年9月3日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/09/03/1p_0006306341.shtml 2013年10月12日閲覧。 
  16. ^ “徹子&久米「ベストテンは宝物」”. デイリースポーツ. (2013年9月4日). http://www.daily.co.jp/gossip/2013/09/04/0006307903.shtml 2013年10月12日閲覧。 
  17. ^ 『TBS社報』1969年発行。入社時のものを掲載。[要追加記述]
  18. ^ a b c d 『現代物故者事典 2012〜2014』日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2015年3月25日、619頁。ISBN 978-4-8169-2527-6
  19. ^ a b c 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。「1969.4<14期生>7人入社(男7) (一般職として採用後、アナウンサーとして養成) 石原俊爾 稲生二平 木脇 豊 杉崎一雄 田中啓生 田中良紹 山田修爾」
  20. ^ a b c 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、24頁。「69.4 <14期生>7人入社(一般職として採用後、アナウンサーとして養成) 石原 俊爾 稲生 二平 木脇 豊 杉崎 一雄 田中 啓生 田中 良紹 山田 修爾」
  21. ^ a b c “元TBSプロデューサー・山田修爾さん 「ザ・ベストテン」生みの親が死す”. スポーツニッポン: p. 21. (2013年8月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/08/29/kiji/K20130829006506130.html 2015年8月17日閲覧。 
  22. ^ a b “元TBSプロデューサー・山田修爾氏死去”. スポーツ報知. (2013年8月28日). オリジナルの2013年9月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130902022504/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130828-OHT1T00147.htm 2017年9月18日閲覧。 
  23. ^ “山田修爾さん死去 「ザ・ベストテン」プロデューサー”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社): p. 38. (2013年8月29日). オリジナルの2014年4月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140407071821/http://www.asahi.com/obituaries/update/0828/TKY201308280521.html 2014年4月6日閲覧。 
  24. ^ “「ザ・ベストテン」プロデューサー死去”. デイリースポーツ. (2013年8月28日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/08/28/0006290152.shtml 
  25. ^ “「ザ・ベストテン」手がけた山田修爾氏死去”. 日刊スポーツ. (2013年8月28日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130828-1180318.html 
  26. ^ “「ザ・ベストテン」ディレクター山田修爾氏死去”. サンケイスポーツ. (2013年8月29日). オリジナルの2014年1月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140117220928/http://www.sanspo.com/geino/news/20130829/oth13082905010004-n1.html 2015年8月17日閲覧。 
  27. ^ “元TBS「ザ・ベストテン」プロデューサー山田修爾氏死去”. 日刊ゲンダイ: p. 5. (2013年8月29日) 
  28. ^ a b 山田修爾 2008, pp. 191–195, §6.
  29. ^ a b 山田修爾 2008, pp. 193–194, §6.
  30. ^ 山田修爾 2008, pp. 195–196, §6.
  31. ^ a b c 昭和40年男 2013, p. 115.
  32. ^ a b c サンデー・ジャポン 2013/09/08(日)放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2015年10月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月16日閲覧。
  33. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、24頁。「1969年10月 67人(男50・女17)」
  34. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、24頁。「山田 修爾…総合系」
  35. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。「山田修爾」
  36. ^ 入江たのし (2005年11月4日). “ザ・ベストテンの裏側”. ウマい話に乗ってみろ. nifty. 2014年5月22日閲覧。
  37. ^ 「関東地区 東京放送」『民間放送全職員人名簿 昭和45年度版』日本民間放送連盟、岩崎放送出版社、1970年11月1日、140頁。「ラジオ局 第二制作部 山田 修爾」
  38. ^ 「TBS紳士録 制作局制作部の巻」『TBS社報』NO.433、TBS、1976年8月12日、 11頁。“山田修爾。若いのに、すでに恐妻家。巨人ファン。競馬も好きだが、ペーパーオーナー。ゴルフのプレイが遅いのが玉にキズ。”
  39. ^ 「TV・オブ・ザ・イヤー2005 各アワード受賞番組スタッフ&キーマンインタビュー 「ザ・ベストテン」元プロデューサー●山田修爾」『Quick Japan』vol.64、太田出版、2006年2月10日、127頁。ISBN 4-7783-1003-9
  40. ^ 昭和40年男 2013, p. 111.
  41. ^ 「エンタテインメンツ スポットバック 山田修爾さん 「ザ・ベストテン」でヒット順位を決めるTBS制作局演出部」『週刊朝日』第83巻第42号、朝日新聞社、1978年9月22日、 45頁。
  42. ^ “「ベストテン」元プロデューサー・山田修爾さん、肺炎で死去”. スポーツ報知. (2013年8月29日). オリジナルの2013年9月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130902230319/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130828-OHT1T00242.htm 2015年1月10日閲覧。 
  43. ^ 山田修爾「VIEWS-INTER-VIEWS テーマ特集 なぜTVから歌番組が消えたのか 今こそ、もう一度歌番組を作ってみようと考えている」『VIEWS』第3巻第9号、1993年5月12日、 57頁。
  44. ^ a b c 「ワイド特集 秋の気配 恩人の葬儀参列にもストップをかけられた中森明菜 悩ましい"病状"」『週刊文春』第55巻第36号、文藝春秋、2013年9月11日、 142-143頁。
  45. ^ 「アデュー adiue "歌謡曲の時代"をリードした「ザ・ベストテン」の生みの親、逝く」『週刊新潮』第58巻第34号、新潮社、2013年9月5日、 144-145頁。
  46. ^ 「元祖にんげんワイド秋雨前線"事情アリ" 享年67 ザ・ベストテン伝説のプロデューサーが仕掛けた松田聖子・田原俊彦「問題のシーン」」『サンデー毎日』第92巻第38号、毎日新聞社、2013年9月10日、 145-146頁。
  47. ^ ひるおび! 2013/09/03(火)放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2015年10月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月16日閲覧。
  48. ^ Nスタ 2013/09/03(火)放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月16日閲覧。
  49. ^ 黒柳徹子 2015, p. 23, 私の遅れてきた青春について.
  50. ^ 鈴木健司 2009, p. 49.
  51. ^ 黒柳徹子テレビ女優第一号のとっておき秘話 昭和のテレビは面白かった」『文藝春秋』第94巻第1号、文藝春秋、2016年1月、 197頁、2017年7月15日閲覧。
  52. ^ 情報7daysニュースキャスター 2013/09/07(土)放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月16日閲覧。
  53. ^ 山本譲二 (2013年8月29日). “ザ・ベストテン山田修爾氏”. 山本譲二オフィシャルブログ ぶち好きやけー - スタ☆ブロ -. オリコン. 2014年5月22日閲覧。
  54. ^ 田原俊彦 (2013年9月18日). “山田修爾さん。”. 田原俊彦 FAVORITE MAIL「Once upon a time in Japan」 by Ameba. サイバーエージェント. 2014年5月22日閲覧。
  55. ^ a b REBOOT 2007, p. 126.
  56. ^ a b 山田修爾 2008, p. 350.
  57. ^ “桑田、前田も…「ザ・ベストテン」山田P通夜に800人”. スポーツニッポン. (2013年9月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/09/03/kiji/K20130903006539910.html 2014年10月31日閲覧。 
  58. ^ a b “ザ・ベストテンの山田修爾氏通夜に黒柳ら”. 日刊スポーツ. (2013年9月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130902-1183082.html 2014年4月3日閲覧。 
  59. ^ a b “「ベストテン」山田氏通夜に黒柳徹子ら”. デイリースポーツ. (2013年9月3日). http://www.daily.co.jp/gossip/2013/09/03/0006304632.shtml 2014年4月3日閲覧。 
  60. ^ 【セミナー】 公開トークショー 第9回 人気番組メモリー「ザ・ベストテン」レポート”. 2014年10月31日閲覧。
  61. ^ 「仮面ライダー 40年の軌跡 展」大盛況! 平成23年度の年間来館者10万人突破! (PDF) 」 『放送番組センターレポート』No.10、放送番組センター、2012年4月、 4頁、2014年10月31日閲覧。
  62. ^ 神山典士「自殺松宮一彦と降板久米宏を結ぶ「運命の糸」」『現代』第33巻第12号、1999年12月、 96頁。“「松宮にはベストテン以降も音楽番組のキャスティングの相談もしました。GLAYがまだ全然売れていない頃から、これは買いですよといっていたのを覚えています。」”と発言。
  63. ^ 山田修爾 2008, p. 243, §スペシャル対談.
  64. ^ 黒柳徹子 2015, p. 44, 私の遅れてきた青春について.
  65. ^ 「VII.各種表彰 3.社内表彰(社長賞・年間表彰)」『TBS50年史 資料編』東京放送、299頁。「1987.12.15 「ザ・ベストテン」の制作10周年 制作スタッフ一同 代表●久保嶋教生(テレビ本部制作局演出二部副部長) 代表●山田修爾(テレビ本部制作局演出二部課長職) 代表●佐々木常夫(技術局制作技術部課長職) 代表●佐藤 満(技術局中継技術部副部長職) 代表●飯田稔(技術局美術部デザイン課課長職)」
  66. ^ “テレビの歌番組、視聴率さっぱり 音楽志向の変化に乗りおくれる”. 朝日新聞夕刊: p. 17. (1992年9月9日). "一時代を作った「ザ・ベストテン」を手掛けたTBSの山田修爾制作2部副部長" 
  67. ^ “TBS(会社人事)”. 日経産業新聞: p. 11. (1993年2月27日) 
  68. ^ “TBS(会社人事)”. 日経産業新聞: p. 11. (1995年7月17日) 
  69. ^ 神山典士「自殺松宮一彦と降板久米宏を結ぶ「運命の糸」」『現代』第33巻第12号、1999年12月、 92頁。“十二年間に亘って「ザ・ベストテン」を作り続けてきた山田修爾(現TBS、HDソフト部長)”
  70. ^ “TBS(会社人事)”. 日本経済新聞朝刊: p. 12. (1999年6月16日) 
  71. ^ 「I.会社の構成 2.組織図の変遷」『TBS50年史 資料編』東京放送、34頁。「2000年12月1日の記述を参照。編成局HDソフト部がデジタル番組推進部に改称された事を記載」
  72. ^ “TBS(会社人事)”. 日本経済新聞朝刊: p. 12. (2001年6月6日) 
  73. ^ “TBS(会社人事)”. 日経産業新聞: p. 23. (2005年7月6日) 
  74. ^ “横浜ベイスターズ「ハマの大魔神」こと佐々木主浩投手 世界バレーボール選手権 開会宣言”. 報知新聞朝刊: p. 22. (1998年11月3日) 
  75. ^ 「行列のできる法律相談所」2012年1月29日(日)放送内容”. 価格.com. カカクコム. 2016年7月16日閲覧。
  76. ^ “【TBSアナウンサー×「ラジオ」Vol.5 堀井美香】久米宏に漂う放送人の矜持 23年前の入局時からブレない“声の仕事”の思い”. ORICON NEWS. oricon ME (oricon ME). (2018年8月10日). https://www.oricon.co.jp/special/51571/ 2018年8月23日閲覧。 
  77. ^ 久保田智子2013年8月28日の発言
  78. ^ 竹内香苗 (2013年8月30日). “日本からの悲しい知らせ”. 竹内香苗オフィシャルブログ「Diary♥」Powered by Ameba. サイバーエージェント. 2014年6月5日閲覧。
  79. ^ 松下賢次 (2005年9月27日). “ベストテン”. -世界の松下 世界のゴルフコラム-GDO/TBSアナウンサー松下賢次によるゴルフ談議. ゴルフダイジェスト. 2014年5月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月18日閲覧。
  80. ^ 「TV・オブ・ザ・イヤー2005 ノミネート作品徹底討論!! ノミネート作「特番」編 「金スマ」(TBS系列)波瀾万丈スペシャル ザ・ベストテンの真相編」『Quick Japan』vol.64、太田出版、2006年2月10日、129頁。ISBN 4-7783-1003-9
  81. ^ a b 中居正広の金曜日のスマたちへ 2013年8月30日放送回”. gooテレビ番組. NTTレゾナント. 2015年8月17日閲覧。
  82. ^ 松浦美佳 (2015年8月28日). “一生の宝物”. 松浦美佳の Spice of life. モードメディア・ジャパン. 2015年10月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月24日閲覧。
  83. ^ 山田修爾 (2009年2月13日). 週刊図書館 ひと. インタビュアー:横田由美子. 週刊朝日, 朝日新聞出版. 
  84. ^ 槙あやな (2015年8月23日). “テレビって・・・。”. 槙あやなオフィシャルブログ「槙あやなのいつもケセラセラ♪」Powered by Ameba. サイバーエージェント. 2015年10月2日閲覧。
  85. ^ 松澤千晶2013年8月28日の発言
  86. ^ 土田優香2013年9月2日の発言
  87. ^ 中島彩 (2013年9月3日). “山田修爾さん、ありがとうございました。”. 中島彩オフィシャルブログ「走ろう!彩と。」Powered by Ameba. サイバーエージェント. 2014年5月22日閲覧。
  88. ^ a b c d e musical sempo Production diary「制作日記13 記者発表と訃報」2013年8月29日掲載。
  89. ^ 【S40News!】訃報:ベストテンのプロデューサー、山田修爾氏が死去。”. 雑誌・昭和40年男. クレタパブリッシング (2013年8月30日). 2014年5月22日閲覧。
  90. ^ 濱口英樹 (2013年9月5日). “ミスター・ベストテン”. 勝手に歌謡ベストテン【KAT-TEN】. サイバーエージェント. 2014年7月14日閲覧。
  91. ^ “黒柳徹子、ベストテンは仕事の中の「宝物」…山田修爾さん葬儀”. スポーツ報知. (2013年9月4日). オリジナルの2013年9月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130909074632/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130904-OHT1T00004.htm 2015年6月26日閲覧。 
  92. ^ クリス松村 (2013年6月12日). “まさかの結婚式に出席”. クリス松村オフィシャルブログ Powered by Ameba. サイバーエージェント. 2015年6月26日閲覧。
  93. ^ 鈴木花奈 (2013年8月24日). “3年変わらない君へばいばい☆”. 鈴木花奈 オフィシャルブログ 【 Keep On Blooming ♪ 】. サイバーエージェント. 2014年5月22日閲覧。
  94. ^ “テレビ、正直だから面白い 黒柳徹子さん、番組と人生語る”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 35. (2015年5月22日) 
  95. ^ 松浦美佳 (2013年9月30日). “ミュージカルSEMPO千秋楽・英雄”. 松浦美佳の Spice of life. モードメディア・ジャパン. 2014年9月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月24日閲覧。
  96. ^ “黒柳徹子、久米宏ら山田修爾さんとお別れ”. 日刊スポーツ. (2013年9月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130903-1183395.html 2014年1月14日閲覧。 
  97. ^ “山田修爾さんのために…吉川晃司「弔い合戦」”. サンケイスポーツ. (2013年9月11日). オリジナルの2013年10月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131014140037/http://www.sanspo.com/geino/news/20130911/oth13091105020006-n1.html 2014年1月14日閲覧。 
  98. ^ “吉川晃司、故山田修爾さん最後の舞台初日”. 日刊スポーツ. (2013年9月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130911-1187322.html 2014年1月14日閲覧。 
  99. ^ “吉川ミュージカルに被災者300人招待”. デイリースポーツ. (2013年9月11日). http://www.daily.co.jp/gossip/2013/09/11/0006327375.shtml 2015年6月19日閲覧。 
  100. ^ 中居正広の金曜日のスマたちへ 2010年3月5日放送回”. gooテレビ番組. NTTレゾナント. 2015年10月2日閲覧。
  101. ^ 中居正広の金曜日のスマたちへ 【スペシャル】”. gooテレビ番組. NTTレゾナント. 2015年8月17日閲覧。
  102. ^ “山田修爾さん通夜にサザン桑田ら参列”. サンケイスポーツ. (2013年9月3日). オリジナルの2013年10月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131004213629/http://www.sanspo.com/geino/news/20130903/oth13090305020012-n1.html 
  103. ^ “桑田佳祐ら参列 山田修爾さん通夜に800人”. スポーツ報知. (2013年9月3日). オリジナルの2013年10月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131004213002/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130903-OHT1T00030.htm 
  104. ^ 2014年9月14日付、深津瑠美 オフィシャルブログ Powered by Ameba[リンク切れ]
  105. ^ a b 山田修爾 2008, p. 233, §スペシャル対談.
  106. ^ “「ザ・ベストテン」追憶 黒柳徹子と久米宏に“温度差”のなぜ”. 日刊ゲンダイ. (2013年9月5日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/144360 2015年12月5日閲覧. "山田氏とは12年間の放送を通じて固い信頼関係で結ばれ、弟分のように可愛がっていた。山田氏も黒柳を公私にわたってサポート。定期的に食事をしたりと、心を許せる数少ない人間の一人だった。" 
  107. ^ 『別冊ザテレビジョン ザ・ベストテン〜甦る!80' s ポップスHITヒストリー〜』角川インタラクティブ・メディア〈カドカワムック No.210〉、2004年12月24日、184頁。ISBN 4-04-894453-3
  108. ^ 黒柳徹子 2015, p. 9, 私の遅れてきた青春について.
  109. ^ “元TBS「ザ・ベストテン」プロデューサー山田修爾さんを悼む マッチと明菜と歌舞音曲の意地”. 日刊ゲンダイ: p. 6. (2013年8月30日) 
  110. ^ ドラマな女たち 独占ワイド秋空の「再出発」! 中森明菜 『ザ・ベストテン』プロデューサー急逝!続く悲痛闘病・・・涙で断念恩人との「最後の別れ」!」『女性自身』第56巻第35号、光文社、2013年9月10日、 50頁、2014年6月18日閲覧。
  111. ^ 「独占スッパ抜き! 明菜 ボイトレ&腹筋マシンで再始動」『週刊女性』第57巻第39号、主婦と生活社、2013年10月8日、 30頁。
  112. ^ 中川右介「【短期連載】伝説のアイドル光と影(上) 特別寄稿「中森明菜」はなぜ消えたのか?」『FLASH』1257号、光文社、2013年10月22日、 28頁。“じつはこの山田さんは、活動休止してからの明菜と会っている数少ない人物の一人だった。”
  113. ^ “周囲の思惑ひとり歩き? 中森明菜「復帰報道」のウラ”. 日刊ゲンダイ. (2013年12月25日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/146863/ 2014年6月18日閲覧. "最大の理解者だった元TBS『ザ・ベストテン』のプロデューサー、山田修爾氏" 
  114. ^ 山田修爾 2008, pp. 104–105, §4.
  115. ^ クリス松村 (2010年9月16日). “伝説的番組の「P」と!”. クリス松村オフィシャルブログ Powered by Ameba. サイバーエージェント. 2014年6月5日閲覧。
  116. ^ クリス松村 (2013年8月29日). “信じたくない連絡”. クリス松村オフィシャルブログ Powered by Ameba. サイバーエージェント. 2014年6月5日閲覧。
  117. ^ “クリス松村 山田修爾さんを悼む「徹子さんとの熱い絆感じた」”. スポーツニッポン. (2013年8月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/08/29/kiji/K20130829006507390.html 2013年10月20日閲覧。 
  118. ^ “「ベストテン」山田プロデューサー死去、クリス松村「えっ…まさか…信じたくない連絡」”. J-CASTテレビウォッチ (ジェイ・キャスト). (2013年8月29日). http://www.j-cast.com/tv/2013/08/29182509.html 2015年6月15日閲覧。 
  119. ^
  120. ^ 〜TBSラジオプレスメール〜 954写真缶 『ラジオでザ・ベストテン〜放送30周年!みんなの「ザ・ベストテン」大検証〜』番組リポート記事” (2009年5月1日). 2013年10月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月10日閲覧。 “コメンテーターにザ・ベストテンのプロデューサー 山田修爾さん”
  121. ^ テレビがくれた夢 山田修爾編” (2013年). 2013年10月10日閲覧。
  122. ^ TBSチャンネル1・2|月間番組表|TBS CS[TBSチャンネル] 2013年3月マンスリーガイド (PDF)”. 2014年9月16日閲覧。
  123. ^ 山田修爾 2008, p. 239, §スペシャル対談.
  124. ^ トップスターショー 歌ある限り #47(森光子)”. TBSチャンネル. 2015年10月2日閲覧。
  125. ^ 『別冊ザテレビジョン ザ・ベストテン〜甦る!80' s ポップスHITヒストリー〜』角川インタラクティブ・メディア〈カドカワムック No.210〉、2004年12月24日、180頁。ISBN 4-04-894453-3
  126. ^ 『別冊ザテレビジョン ザ・ベストテン〜甦る!80' s ポップスHITヒストリー〜』角川インタラクティブ・メディア〈カドカワムック No.210〉、2004年12月24日、181頁。ISBN 4-04-894453-3
  127. ^ “テレビテーラーズ=今年も復活 TBS「ザ・ベストテン」山田修爾さん ナツメロ一本勝負”. スポーツニッポン朝刊: p. 15. (2001年12月26日) 
  128. ^ 放送ライブラリー program番号:139925
  129. ^ ザ・ベストテン2004”. TBS. 2015年7月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月16日閲覧。
  130. ^ 80's ライブコレクション キラリ・熱熱CLUB「ECHOES」(制作:1989年)”. TBSチャンネル. 2013年10月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月10日閲覧。
  131. ^ “流行歌(うた)を探して”. 日本経済新聞: p. 36. (1989年11月2日). "「だからこれからは、器楽が勝負。制作者の感性が一段と問われる」とプロデューサーの山田修爾氏は腕をさする。" 
  132. ^ 90’s ライブコレクション アイラブバンド「東京少年」(制作:1990年)”. TBSチャンネル. 2013年10月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月10日閲覧。
  133. ^ 90's ライブコレクション アイラブバンド「FLYING KIDS」(制作:1990年)”. TBSオンデマンド. 2013年10月10日閲覧。
  134. ^ 第34回輝く!日本レコード大賞”. TBSチャンネル. 2013年10月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月10日閲覧。
  135. ^ “テレビ人間図鑑 TBS「レコード大賞」プロデューサー山田修爾さん”. 東京新聞朝刊: p. 10. (1994年12月28日) 
  136. ^ ドリーム・プレス社”. TBS. 2015年6月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月16日閲覧。
  137. ^ ドリーム・プレス社SP”. TBS. 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月16日閲覧。
  138. ^ ドリーム・プレス社2時間SP”. TBS. 2015年6月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月16日閲覧。
  139. ^ ドリーム・プレス社スペシャル”. TBS. 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月16日閲覧。
  140. ^ 山田修爾 2008, p. 238, §スペシャル対談.
  141. ^ 民主党キャラバンサイト : キャラバン概要”. 2013年10月27日閲覧。 “主なスタッフ  演出 山田修爾”
  142. ^ no.486~no.491 - TBSメディア総合研究所”. TBSメディア総合研究所. 2015年5月18日閲覧。
  143. ^ 放送批評バックナンバー(1983年)”. 2013年10月10日閲覧。

参考文献編集

  • 『民間放送全職員人名簿 昭和45年度版』日本民間放送連盟、岩崎放送出版社、1970年11月1日。
  • 神山典士「自殺松宮一彦と降板久米宏を結ぶ「運命の糸」」『現代』第33巻第12号、1999年12月、 92-102頁。
  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
    • 資料編
    • 付録のDVD-ROM『ハイブリッド検索編』
      • ラジオ番組データベース
      • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめた文書。PDFファイル。全34ページ)
      • 『TBS社報』再録(東京放送から発行された社内報掲載記事からの再録。PDFファイル)
        • 「TBS紳士録」『TBS社報』NO.433、TBS、1976年8月12日、 8-12頁。
        • 「allTBS 紳士・淑女録 第8回「制作局の巻」」『TBS社報』、TBS、1992年4月16日、 34-40頁。
  • 『日本著者名・人名典拠録 に〜わ』3、日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2002年7月25日、新訂増補。ISBN 4-8169-1715-2
  • 『別冊ザテレビジョン ザ・ベストテン〜甦る!80' s ポップスHITヒストリー〜』角川インタラクティブ・メディア〈カドカワムック No.210〉、2004年12月24日。ISBN 4-04-894453-3
  • 山田修爾『ザ・ベストテン』ソニー・マガジンズ、2008年12月25日。ISBN 978-4789733724#著書を参照)
  • 『現代物故者事典 2012〜2014』日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2015年3月25日。ISBN 978-4-8169-2527-6
  • 黒柳徹子『トットひとり』新潮社、2015年4月25日。ISBN 978-4-10-355007-5
  • 黒柳徹子テレビ女優第一号のとっておき秘話 昭和のテレビは面白かった」『文藝春秋』第94巻第1号、文藝春秋、2016年1月、 190-204頁、2017年7月15日閲覧。
  • 外部リンク

外部リンク編集