メインメニューを開く

景侯(けいこう、生年不詳 - 紀元前543年)は、春秋時代君主。姓は姫、名は固。文侯の子で、文侯の後を受けて蔡国の君主となった。

景侯
王朝
在位期間 前591年 - 前543年
姓・諱 姫固
諡号 景侯
没年 紀元前543年
文侯

紀元前589年子重(公子嬰斉)・成公の右大夫説・華元の公孫寧らと蜀で盟を交わした。紀元前549年を救援するため、楚・陳・許とともにを攻撃した。紀元前547年、楚・陳とともに鄭を攻撃した。

紀元前545年、景侯はに朝見した。帰国の途中、鄭に立ち寄ったが、その態度は不敬であり、鄭の子産は景侯が禍にかかることを予見した。紀元前543年、景侯は子の姫般のためにから妻を迎えたが、景侯は彼女と密通した。景侯は姫般に殺害されて、侯位を奪われた。在位49年。

参考文献編集

先代:
文侯
の君主
紀元前591年 - 紀元前543年
次代:
霊侯