景初暦(けいしょれき)は中国暦の一つで、明帝景初元年(237年)からを経て、劉宋文帝元嘉二十一年(444年)まで、また北朝北魏では道武帝天興元年(398年)から太武帝正平元年(451年)まで使用された太陰太陽暦暦法後漢西晋楊偉(ようい)によって作られた。晋王朝成立後の泰始元年(265年)に泰始暦が行われたとされているが、実際は景初暦と同一のものであった。計算上の暦元は干支丁巳の景初元年から4045年前の干支壬辰年の夜半甲子朔旦冬至である。(晋書・律暦下)

19年7閏月章法を採用し、1太陽年365 455/1843(≒365.24688[1])日、1朔望月29 2419/4559(≒29.530599[2])日とする。

ちなみに、1近点月27 2528/4559(≒27.55451[3])日とされており、月の運行の遅疾に関する計算が暦に取り入れられ、天体暦として月食の開始時刻などを推算する方法を確立した。

脚注編集