メインメニューを開く

景浦賢一

景浦 賢一(かげうら けんいち、1923年6月26日 - 没年不明)は、愛媛県松山市出身のプロ野球選手。ポジションは二塁手三塁手

景浦 賢一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県松山市
生年月日 (1923-06-26) 1923年6月26日
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手
プロ入り 1941年
初出場 1941年7月18日
最終出場 1943年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大阪タイガース、阪神軍で活躍した景浦將の実弟。

目次

来歴・人物編集

松山商業(現・愛媛県立松山商業高等学校)在学中は、甲子園出場は無かった。松山商業卒業後、1941年3月20日朝日軍に入団。同年7月18日大洋戦(甲子園球場)でデビューし、初打席初安打をマークした。しかし、デビュー戦でも失策して相手に決勝点を与えたように、守備に難があり、レギュラー定着には至らなかった(1942年には38試合出場で、8失策を記録している)。1943年シーズン終了後、現役引退した。

引退後の1945年に兄・將が戦死戦病死とも餓死とも伝わる)して、松山の実家に骨壺が届けられたが、甥の景浦隆男と共にインタビューで「石ころが3つ入っていた」「こんなものが人ひとりの命なのか……」と語っている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1941 朝日 13 16 16 0 7 0 0 0 7 2 0 -- 0 -- 0 -- 0 2 -- .438 .438 .438 .876
1942 38 70 59 2 8 1 0 0 9 1 2 1 1 -- 9 -- 1 9 -- .136 .261 .153 .414
1943 14 21 20 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 1 -- 0 5 -- .000 .048 .000 .048
通算:2年 65 107 95 21 15 1 0 0 16 3 2 1 1 -- 10 -- 1 16 -- .158 .245 .168 .413

背番号編集

  • 7 (1941年 - 1943年春)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集