最強国の条件』(さいきょうこくのじょうけん、原題: Day of Empire: How Hyperpowers Rise to Global Dominance - and Why They Fall)は、2007年イェール・ロー・スクール教授エイミー・チュアによって上梓された書物である。日本語でも読める文献で、徳川家広によって日本語訳された(講談社)。

最強国の条件
著者エイミー・チュア
アメリカ合衆国
言語英語
題材帝国主義植民地主義地政学
ジャンル政治学歴史国際関係論
出版社ダブルデイ
出版日2007年10月
出版形式電子書籍上製本
ページ数432
ISBN978-0-385-52412-4 (電子書籍)
978-0-385-51284-8 (上製本)

内容編集

この著書は人間の歴史を通じて最強国の実例について論じている。チュアはマウリヤ朝チョーラ朝シュンガ朝ヴィジャヤナガル王国ムガール帝国インド亜大陸の歴代王朝からローマ帝国モンゴル帝国大英帝国に至るまでの超大国に就いてを現在の最強国であるアメリカ合衆国と照らし合わせて年代順にざっくりと説明している。いかにカリスマ性のある優れた人材を引き寄せ、それを活用したかが最強国になる条件であり、そしてその寛容さを失った時に没落するという単純な歴史観に基づいて論述している。大日本帝国はその失敗作として登場する[1]

出典編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

批評編集

その他の議論編集

外部リンク編集