メインメニューを開く

最後の絆 沖縄・引き裂かれた兄弟 〜鉄血勤皇隊と日系アメリカ兵の真相〜

最後の絆 沖縄・引き裂かれた兄弟 〜鉄血勤皇隊と日系アメリカ兵の真相〜』(さいごのきずな おきなわ・ひきさかれたきょうだい 〜てっけつきんのうたいとにっけいアメリカへいのしんそう〜)は、2011年8月13日の21:00-23:10にフジテレビジョン系列の「土曜プレミアム」枠で放映された、単発スペシャルのテレビドラマ

実話を基に、本人への取材ドキュメンタリーと再現ドラマで構成されている。

目次

概要編集

太平洋戦争末期、沖縄戦にて、アメリカ兵の兄と鉄血勤皇隊の弟が対峙するという実話があった。その実話の主人公である、東江盛勇・康治兄弟の姿を描いている。

盛勇(米国名:フランク・ヒガシ)は、当時両親が移住していた米国で生まれたため、米国籍を持っていた。その後一旦は家族で沖縄に戻るも、19歳の時に働き口を求めて単身渡米する。渡米後に太平洋戦争が勃発し、軍隊に召集された盛勇は、サイパン陥落のニュースを見て、沖縄にいる家族の身を案じて沖縄行きを志願し、通訳兵として沖縄に向かう。米軍が沖縄全島をほぼ制圧し掃討作戦を始めようとしていた1945年6月中旬、「自分たちのことを探し回っている米兵がいる」との知らせを聞いた父・盛長は盛勇のことだと確信、米兵を説得し奇跡的に盛勇との再会を果たす。その後、盛勇と盛長は山にこもっていた康治らを必死で説得し、投降させたのだった。

2015年6月、96歳となったフランク・ヒガシ(東江盛勇)は6月23日の慰霊の日に合わせて来沖した。次男の康治は2015年4月に86歳で他界、三男の平之は84歳となった[1]

キャスト編集

東江家

鉄血勤皇隊

日系アメリカ兵

その他

スタッフ編集

脚注編集