月刊レコンキスタ

月刊レコンキスタ』(げっかんレコンキスタ)とは、右翼民族派団体「一水会」の機関紙。一水会の出版部門「レコンキスタ編集部」より月刊で発行されている。原則、毎月初めの1日に発行。現在は既に400号を超え、発刊中。2012年平成24年)9月には、東京・アルカディア市ケ谷で発行400号記念大会を催す。購読者は政・官・財界、学者、同憂同志、マスコミ等多岐に亘り、全国に配布されている。

概要編集

一水会の活動を発信する機関紙。 題名は、スペインイベリア半島で行われた失地回復運動のレコンキスタに由来。一水会としては、戦後の日本社会で失われた国柄・国家主権を取り戻す活動として位置づけて機関紙の名称として使用。

1975年昭和50年)8月1日創刊。基本的に月刊紙として毎月発行され、38年以上発行が続いている。現在の発行部数は約3000部。

長らく紙面はタブロイド判12ページであったが、380号(2011年1月号)よりブランケット判(新聞サイズ)8ページとなる。 独自の取材により世界の民族派団体と交流を持ちつつ、日本の独立、自立をめざす編集方針を貫く。

連載記事編集

毎月折々の問題を鋭角的に捉える記事を掲載している。

書籍編集

  • レコンキスタ縮刷版(創刊号から100号まで収録)
  • レコンキスタ縮刷版2(101号から200号まで収録)
  • せめぎあう言霊 一水会フォーラム講演録
  • せめぎあう言霊2 一水会フォーラム講演録

関連項目編集