メインメニューを開く

有働 薫(うどう かおる、1939年 - )は、日本の詩人翻訳家

略歴編集

東京府(現杉並区)生まれ。1961年早稲田大学文学部仏文科卒。1970年代に白水社『仏和理工学辞典』第三版編纂に参加[1]八木幹夫辻征夫井川博年らと小沢信男を中心とする余白句会に参加。『幻影の足』で2010年度現代詩花椿賞受賞[2]。詩作のほかフランスの翻訳もする。

著書編集

  • 『冬の集積』1987年 詩学社
  • 『ウラン体操 有働薫詩集』ふらんす堂 新しく夢みる詩人叢書 1994
  • 『雪柳さん―有働薫詩集』ふらんす堂 2001
  • 『SuryaスーリヤSurya』思潮社 2002
  • 『幻影の足』思潮社 2010
  • 『モーツァルトになっちゃった』思潮社 2014

編纂編集

  • 『詩人のラブレター』編 ふらんす堂 2012

翻訳編集

  • ジャン‐ミッシェル・モルポワ『夢みる詩人の手のひらのなかで』著 ふらんす堂 1992
  • レジーヌ・ドゥタンベル『閉ざされた庭』東京創元社 1998
  • ジャン‐ミッシェル・モルポワ『青の物語』思潮社 1999
  • 『エモンド―ジャン‐ミッシェル・モルポワ詩集』ふらんす堂 2003
  • マルク・コベール『骨の列島』洪水企画 , 草場書房(発売) 2013

脚注編集