メインメニューを開く

有村 直吉(ありむら なおきち、1871年3月15日明治4年1月25日) - 1911年(明治44年)5月7日[1])は、入間川部屋に所属した元力士。11代入間川。本名は小池 直吉(こいけ なおきち)。現在の茨城県桜川市出身。165cm、109kg。得意手は押し。最高位は東前頭3枚目。

経歴編集

1894年5月場所に初土俵。1903年1月場所に十両昇進、1905年5月場所に新入幕。1909年12月に師匠の入間川清藏が廃業した為、以降は二枚鑑札1910年6月場所に引退。脳病と心臓病に罹っていたので酒を断っていたが、再婚の宴席上で嬉しさの余り酒を飲んでしまい、1911年5月7日に急逝した。享年40。

主な成績編集

  • 幕内成績:16勝41敗16休6分預 勝率.281
  • 幕内在位:8場所

改名歴編集

  • 小池川(こいけがわ)1894年5月場所 - 1902年5月場所
  • 有村 直吉(ありむら なおきち)1903年1月場所 - 1910年1月場所
  • 入間川 直吉(いるまがわ なおきち) 1910年6月場所

参考文献編集

  • 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集