服部 一郎(はっとり いちろう、1932年 - 1987年5月26日)は、日本実業家セイコーインスツルの元代表取締役社長、セイコーエプソンの初代代表取締役社長、日本国際フォーラムの初代理事長。

略歴編集

東京都出身。セイコーホールディングス創業者服部金太郎の孫。第3代社長服部正次の長男として生まれる。長野県諏訪清陵高等学校学習院高等科を経て、東京大学法学部卒業。1954年第二精工舎(現在のセイコーインスツル)入社。その後、チューリッヒ大学イェール大学へ留学。1961年第二精工舎取締役。1965年同社常務取締役。1967年同社専務取締役。1979年同社代表取締役社長。1980年兼務で諏訪精工舎(現在のセイコーエプソン)代表取締役社長。1985年セイコーエプソンに社名変更し初代代表取締役社長となる。 1976年にはシンガポールへ第二精工舎の工場を進出させるなど事業の国際化と多角化を牽引した。

1987年初代日本国際フォーラム理事長[1]

従四位勲二等瑞宝章受章。

出典編集

  1. ^ 設立の原点を回顧して日本国際フォーラム

関連項目編集

サンリツ服部美術館

先代:
設立
財団法人日本国際フォーラム理事長
1987年
次代:
伊藤憲一