朔寧郡(サンニョンぐん、さくねいぐん、朝鮮語: 삭녕군)は、かつて京畿道の北東部にあったで、1914年に郡の西南部が京畿道漣川郡、東北部が江原道鉄原郡にそれぞれ編入され、廃止された[1]

現在は、大部分の地域が軍事境界線の北側に属しており、東南部の一部地域だけを大韓民国が管轄するが、大韓民国の管轄地域は鉄原邑チョルォヌプ朝鮮語版篤倹里トッコムニ朝鮮語版を別にすれば、全域が京畿道漣川郡に属している。

歴史編集

  • 高句麗時代は所邑豆ソウットゥ県と称されていた。
  • 1403年に、僧嶺スンニョン県が朔寧県に編入された。
  • 1414年に、安峡郡朝鮮語版を合併して安朔郡朝鮮語版となった。しかし、1416年には元に戻された。
  • 1895年に、朔寧郡に昇格した。
  • 1914年4月1日郡内面クンネミョン東面トンミョン西面ソミョン南面ナンミョン漣川郡に、乃文面ネムンミョン寅目面インモンミョン馬場面マジャンミョンが江原道鉄原郡にそれぞれ編入されて朔寧郡は廃止された[1]
    • 当時の朔寧郡にあったのは7面(郡内面、東面、西面、南面、乃文面、寅目面、馬場面)。
    • このうち、郡内面は漣川郡北面プンミョン、西面と南面は一緒になって漣川郡西南面ソナンミョンとなった。
  • 1934年4月1日、漣川郡北面と東面が統合されて、朔寧面サンニョンミョンと改称された。
  • 1945年9月2日、米ソが38度線を境界として朝鮮半島を分割占領することとなり、朔寧郡だった地域はすべてソ連軍軍政下に入った。
  • 1952年12月、朝鮮民主主義人民共和国が、朔寧面と西南面を鉄原郡へ編入し、漣川郡(北朝鮮では련천군と表記する)を廃止した。
  • 1953年7月27日朝鮮戦争の結果、大韓民国が朔寧面の陶淵里トヨンニ도연리)、魚積山里オジョクサンニ어적산리)、笛音里チョグムニ적음리)それぞれの一部、西南面の古荘里コジャンニ고장리)の一部、寅目面の南側に当たる道密里トミルリ도밀리)、徳山里トクサンニ덕산리)、葛峴里カリョンニ갈현리)、薪峴里シニョンニ신현리)と、乃文面篤倹里トッコムニ독검리)の一部を収復した。
  • 1954年11月17日、大韓民国が漣川郡朔寧面삭녕면)の収復地区を中面チュンミョン중면)に、西南面古荘里を旺澄面ワンジンミョン왕징면)に、鉄原郡寅目面の収復地区を新西面シンソミョン신서면)にそれぞれ編入した[2]
  • 1961年3月、朝鮮民主主義人民共和国が臨津江を境界として、その西側にあるかつての西南面の地域を、長豊郡に移管した。
  • 1963年1月1日、大韓民国が鉄原郡新西面(寅目面の収復地区朝鮮語版を含む)を漣川郡に編入した[3]
  • 1972年12月28日、大韓民国が鉄原郡乃文面篤倹里を鉄原邑に編入した[4]

下位行政区域編集

邑・面 法定里 改編後の行政区域
郡内面 朔寧里、古馬里、大寺里、上馬山里、余尺里 漣川郡朔寧面[5]
東面 陶淵里、魚積山里、笛音里、積洞山里、辰谷里
西面 佳川里、冷井里、石屯里、率賢里、獐鶴里 漣川郡西南面[6]
南面 貴存里、古荘里、伍炭里
乃文面 倉洞里、篤倹里、乃文里、馬放里、斑石里、五里洞里 鉄原郡乃文面
馬場面 長浦里、南院里、大田里、密巌里、往避里、立石里 鉄原郡馬場面
寅目面 道密里、薪峴里、葛峴里、徳山里、検寺里、承陽里 鉄原郡寅目面

脚注編集

  1. ^ a b 朝鮮総督府令 第111号(1913年12月29日)
  2. ^ 법률 제350호 수복지구임시행정조치법 (1954년 10월 21일)
  3. ^ 법률 제1178호 수복지구와동인접지구의행정구역에관한임시조치법 (1962년 11월 21일)
  4. ^ 법률 제2395호 수복지구와동인접지구의행정구역에관한임시조치법 (1972년 12월 28일)
  5. ^ 大韓民国漣川郡中面に、朝鮮民主主義人民共和国鉄原郡にそれぞれ編入した。
  6. ^ 大韓民国漣川郡旺澄面に、朝鮮民主主義人民共和国長豊郡にそれぞれ編入した。