メインメニューを開く

朝倉広景

南北朝時代の武士。越前朝倉氏の始祖

朝倉 広景(あさくら ひろかげ)は、南北朝時代の武将で、越前朝倉氏の初代当主である。

 
朝倉 広景
時代 鎌倉時代 - 南北朝時代
生誕 建長7年(1255年
死没 正平7年/観応3年2月29日1352年3月15日
別名 孫右衛門尉。黒丸右衛門入道
戒名 空海覚性
官位 美作守
氏族 朝倉氏
父母 父:朝倉広信
高景中野愚谷松尾宗景
テンプレートを表示

平家物語』巻12に但馬に逃亡した平盛嗣の追捕を命じられた朝倉高清がいるが、この高清から数えて8代(『福井県史』では9代)の末裔が広景であるとされている[1]。元は但馬国養父郡朝倉庄の代官であったと伝えられる。

広景の時代に鎌倉幕府が滅亡すると、彼は足利尊氏の下に馳せ参じた。広景は斯波高経の母方の祖父・長井時秀の被官であったが、高経に従い越前に入る[2]藤島の戦いにおいて高経と共に新田義貞討伐で戦功を立てたため、その恩賞として黒丸城を与えられた。広景は黒丸に居住したことから黒丸右衛門入道と号し、安居(福井県福井市金屋町)に弘祥寺を建立し、北庄神明神社の社殿を再興したりしている[1]

以後朝倉氏は斯波氏の被官として越前に根を下ろした。広景は正平7年/観応3年(1352年)2月29日に98歳という当時としては驚異的な高齢で没した。

死後、家督は子の朝倉高景が継いだ。

脚注編集

  1. ^ a b 『朝倉義景』吉川弘文館。2頁。
  2. ^ 『福井県史』通史編1

参考文献編集